読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生には何も期待できない、というとき

僕は独身で、特に何があるわけでもないし、人の役に立っているのかも何とも言えない。 友人が多いわけでもないから、誰かに求められたり好かれている、とも言えないのかもしれない。 誰にも必要とされず、誰もそばにいず、たった一人で食事をしたりすると、…

シャープはトランプ大統領の間は、非常に面白いと思う

シャープの話ばかりするのだから、お前はシャープを持っているんだろうな、と言われそうだが、シャープ株は持ってますね。結構損もさせられました、高値掴みとやらで。 シャープがホンハイに買収されたことは日本国民としてやはり悲しいが、やはり一代であれ…

トランプ氏はやり手だ、今はまだ批評をするには早い

トランプ氏が当選してからのちに、日本の書店にはトランプ本が数多く並ぶようになった。その多くが本人の書いたものではなくて、評論家が書いたものだ。 僕はすぐに"トランプ自伝 不動産王にビジネスを学ぶ"を読んだ、トランプ氏本人が書いたものだ。トラン…

裁判を傍聴した

数年前に失業したとき、とある飲食企業の入社面接において、経営幹部から会社概要と事業の説明があった。その時に幹部が、新しい店舗のコンセプトのヒントや事業アイデアを得るために、様々な事をしたと話し、 「君は裁判の傍聴席に座ったことがあるかい?僕…

タネ銭を貯める、だが無くても大丈夫

日本マクドナルドの創立者にして、ユダヤ商法でも有名な藤田田氏。 著書のユダヤの商法はプレミアがついて今は高くて買えないので、DEN FUJITAの商法を買って読んだ。 タネ銭について記載があったが、何はともあれ金儲けをする、マイホームを買う、挙式を行…

タカタが熱くて目がはなせない

昨年末から今現在にかけて、まさにジェットコースターのような動き。 私的整理と法的整理と、自動車各社の思惑、下請け会社および日本株式への影響。 かつての栄光を極めた企業が転落し、そこから復活を遂げて再び上昇する銘柄を業績回復株と表現されるよう…

タカタが暴れている

年末に米国政府と和解への報道が流れて、ストップ高一直線。 かと思いきや、法的整理の報道が流れ、一気にストップ安。 そしてまたタカタ側が、「法的整理のつもりない」と公式に発表してストップ高。 タカタで儲けた人多いだろうなー。 例えばこの人の配偶…

ニート座談会

夜中にニートの座談会が行われていた。 内容はベーシックインカムについてのもので、フィンランドでは既に実験的に導入されていて、一定数の無職者に対しお金を支給し、それが失業率の低下にどんな影響をもたらすのか、というのがその目的らしい。 少し驚い…

睡眠が不安定だと、心も不安定になりやすい

仕事がら勤務形態がかなり不規則で、そのために寝る時間と起きる時間が毎日なかなか安定しない。 寝たいときに寝れるような体質でもないので、そうすると、どうしても睡眠時間は不安定になる。 睡眠不足になると頭痛が起りやすいが、現在はカフェインをかな…

貧しさと犯罪と若者が共通点

眠れないのでネット番組を立て続けに観ていたが、夜中流れるようなものは基本的にアンダーグラウンドの内容が多く、気分も少し暗くなるものばかりだ。 コロンビアのコカイン事情、エルサルバドルのギャングの対立、そして日本のHIPHOPカルチャー。 コロンビ…

FP2級の試験が非常に面倒だった

昨年はきんざい主催の2級の試験を申し込むも、あまりに疲れて寝て行かなかった。その反省とFP協会主催の方が簡単という話も真に受けて今回は協会のものを受験することに。 この手の資格は人気なのか、お金が好きな人間が多いのかその両方なのか、受験者はや…

ちびまるこちゃんのような家族はもうない

ちびまるこちゃんも、もう放送何十周年という長寿アニメ番組になっている。 今現在放送されているものではなくて、1990年代の初期のころを久々に観た。 観たくて観たのではなくて、仕事に疲れて何も考えたくないから、たまたま流したのがその番組だったわけ…

お金のある不幸とお金のない不幸

朝のニュースで、高齢者がある一定以上の年齢を越えても"働き続けなければならない"といった事象についてその内容が流れていた。 どちらも70歳を越えているある夫婦は、数年前までは自営業をしていたものの、リーマンショックを境に客足が遠のき、止む無く…

しぬときは恐怖感ではなく、別の何かが心を支配するのだろうか

追いかけられたり、ころされたりする夢を見ることがある。寝てみる夢というのは、睡眠が浅いときに見るようで、仕事柄不規則な僕は睡眠が浅くて夢を良く見るほうだ。 楽しい内容もあるがそういったものは記憶に残りにくく、一方でリアルに恐怖を感じ、強烈な…

様々な問題で揺れる韓国

慰安婦像問題、サムスン電子、大統領、様々な問題で混乱が続く韓国。 僕が学生のころに丁度ペヨンジュンのブームが来て、それ以来ずっと行きたい国だったので昨年旅行した。 その時は上記の問題は何もない状態だったが、メディアで流れる韓国人は日本人を嫌…

泌尿器科に初めていった

陰茎をまじまじと見ることは殆ど無いのだが、風呂に入って洗っていると、自分の陰茎の裏や横側に、黒いしみのようなモノが出来ていることに気付いた。 裏のしみははっきりと分かるくらいのサイズで、前にも見たような見ていないような何しろ毎日見るわけでは…

紀州のドンファンと呼ばれた男

75歳。 いまだ性欲衰えずということで、1日に3回の性行為を精力的にこなす。 興味があってその著書を読んでみたが、 「ハッピー・オーラ、ハッピー・エレガント、ハッピー・ナイスボディ。あなたとデートしたい、エッチしたい」 独特の口説き文句が披露…

村本ザナイトという深夜の番組

途中から観て、僕が観た時間帯には格差社会についてトークを繰り広げていたが。 左から、村本氏、若新?堀潤氏。 印象的だったのは、元NHKの堀潤氏。 「NHKを辞めて後、お金がホントになくて、明日のお金をどう工面するか、そればかり考えていた。電車に乗っ…

自衛隊員とマラソンで競争した

本日は全国的に寒波で、僕が住んでいるところも風が強く非常に寒いが日課のマラソンをこなした。 しばらく走ると自衛隊の駐屯地があり、中のコースと並走するように我々一般人が歩く歩道があり、横を走ることが出来るので、そちらを今日のコースにしたが。 …

リストラされた中年サラリーマンと同じ心境になっている

リストラの嵐が吹き荒れた数年前に、何かのエッセイで解雇された中年サラリーマンが転職活動において、 「俺は○○会社の部長だぞ」 と発したといった趣旨の内容を読んだ。 もはや○○会社の部長さんという肩書は何の役にも立たず、"何が出来るのか"というのがか…

片頭痛に時折悩まされるので、カフェインを少しづつ減らすことにした

変則的な日にちの専門職であることに加えて、勤務時間帯も週ごとや日ごと異なるので、僕の生活にはどうしてもカフェインが欠かせない。 ブラックコーヒーに始まり、レッドブルやモンスターといったいわゆる栄養ドリンク。チョコレート含む甘い菓子類も手放せ…

新しい価値観の提唱と慰撫と金銭

これだけ生き方が多種多様な時代になると、「○○な生き方」といった新しい価値観を提唱する人々が表れ、その鮮麗かつクリエイティブじみた彼らの生き様からも、大衆に向けて強烈なメッセージが発信される。 本来それらは有り難がったり、感謝して受入れるもの…

感覚の種類、表現する言葉

死の恐怖と絶望を感じ、そこから生還した後の幸福感は凄い。 人並みに紆余曲折あったけど、僕の人生は平凡で、浪人生活や闘病生活、そして投獄経験もない。だが昨年、命の危機を感じるほどの出来事に遭遇した。その恐怖に襲われている間は、月並みな表現だが…

寺山修司氏の良さについて、言葉にすることは難しい

芸術肌の知人、友人、業界の人の話を聞いていると、必ずと言っていいくらい寺山修司の名前が挙がる。 「何が良いのか」答えられた人間は僕の周りにはいなくて、彼の作品の殆どに触れた友人でさえも、言葉にしてちゃんと表現することが出来ない。 僕にしたっ…

2017年の日本大胆予想

トランプ氏大統領就任も間近となり、TVをはじめ各メディアも日本経済を大胆に予測する。 TVタックルでは、日経平均が4万円台を突破し、ドル円は140円台と予想する、エコノミストの武者陵司氏。 TVタックル トランプ・バブルhttp://www.tv-asahi.co.jp/tv…

今の日本はゲームとITが稼げるのだろうか

ITは人とお金が集まる。"人工知能"という言葉はまた注目を集めているし、アプリ開発で億万長者になった人間は世界中にあふれている。 そしてゲーム。僕が小学生の頃は、ゲームセンターのゲームが非常に人気で、ストリートファイターIIはもちろん、キングオブ…

悩みや将来についての不安の相談は、占い師か病院か

僕の知人に、彼氏と同棲していて結婚式が延期になった女性がいる。2人で生活してコツコツ貯めた結婚資金を、彼氏側の家族に援助しなければならない出来事が起こり、詳細は分からないが、その資金は彼の家族に全て渡ってしまった。 彼女は、ほぼ確定的だった…

子供を成功させたかったら、クリケットとインド留学をさせてください

これは、飲み会の席で知人から聞いた話で、元々は何らかのメディアで武井壮が話していて話題になったようだ。 世界で人気、かつ稼げるスポーツの"イメージ"と言えば、日本では、 サッカー、野球、バスケットボール どれも身近なスポーツではあり、バスケット…

シャープが調子いいいですね

一時は80円台まで売り込まれて、投資家の大きな不安を招いたが、今はなんと。 例えば85円の時に、僕の予算である100万円を使って850000万円分買っていれば、今は三倍以上なので、200万円以上の利益が出ていることになる。 NISAを使用していればかなりの儲け…

小津安二郎の良さとは何なのか

何年か前に、小津安二郎氏の映画である「東京物語」が、イギリスで世界一の映画と認められたと報じられたが。 何を基準に世界一なのかは不明であるものの、小津映画に対する評価が高いのは分かる。 だが、具体的に、何が、良いのか。 1950年代に描かれた映画…

二世さん、親の七光りさん、大いに活躍してほしいですね

今でも親からお小遣いをもらっている息子は誰だ! みたいなテレビが放送されていて。 ご存じ、松方氏、仁科さんの息子である仁科克基氏。 僕はあまりしならないが平尾氏の息子、平尾勇気氏。 そして、竹下景子さんの息子、関口アナム。 結果は、関口アナム氏…

桃源郷から経済社会、そして新しい世界に

2017年になって、酉年は人口数が最も少ないとか、しょっぱなからあまり良くないニュースが流れていた。 こうして考えてみると、ここ数年間、日本は様々な業界が成熟化し過ぎたのか、縛りがどんどんきつくなってきていると実感する。 特に法整備面ではそれが…

フリースタイルダンジョンがおもしろい

紅白もつまらないし、何もやることがなかったが、Abema TVのフリースタイルダンジョン。 おもしろすぎる。 「俺は東京生まれヒップホップ育ち、わるそな奴は大体トモダチ」のフレーズで有名な ジブラ氏が中心になって番組を制作しているようだが、かなりおも…

何年かぶりで大晦日休みになった

だが特に何も予定はないし、明日は仕事がある。 日ごろから掃除はこまめにしているので、小1時間くらいでその手のものは完了。 今年最後のマラソンを、見知らぬジョガーとのラリーで終了し、さて。 中国にいる友人は日本に戻らず、現地人と餅つきをやるよう…

最近イラついているクラクションを鳴らす人が増えた

地域にももちろんよるし、車社会かどうかにも大きく左右されるけれど、なんだかこれまで以上に荒っぽい運転やクラクションが多くなったと感じる。 この間も、僕の後ろを走っていたワゴン車が無理な追い越しをしようとしてきたのだがその際に僕の運転の何が気…

色彩と時代と人間

夜中にカズレーサーと美輪明宏氏の対談のような番組があってそれをみていたら、 昨年の紅白の美輪明宏氏の、全身黒の衣装に何か意味があったのか、と話題になっていた。「歌に集中させたかったから、それ以外の要素を排除するため」と美輪氏は語り、色につい…

夜の米軍基地前を疾走する

ストレスが溜まったので、夜の街中を疾走する。 住宅街を走り、路地を抜け、歩道橋へ上がる。 大通りに出て横断歩道を渡り、公園横の道をそのままひた走り 更に大通りを抜けて米軍基地並びの、小さな歩道のようなところをひたすら走った。 直線距離にして大…

距離感を間違うと疲れることになる

この世の殆どの悩みな人間関係に集約されると思うが、その中でもやはりポイントは人との距離感だと感じる。 この場合の人とは、自分以外の他者をさす。 美輪明宏氏が、「人間関係は腹いっぱい付き合わないこと。腹六分くらいで十分。他人の問題に首を突っ込…

村上龍と坂本龍一と見城徹の対談

Abema TVの「徹の部屋」という番組。 ゲストを招いて見城徹氏の進行をもとにトークを行うものだが。 昨夜は、僕の好きな村上龍と、これまた好きな坂本龍一がゲストとして登場した。 何か一つのテーマを決めて話すというようなものではなく、台本も観たところ…

マラソンで思ったこと

基本的には体調を整えるためと、ストレス解消、頭の中の思考を停止させる意味でもマラソンを日課とするようにしているが。 マラソンの前でも後でも、最中でも、思考は停止せず考えることが幾つかある。 ・暑い日は走りたくない ・寒い日も走りたくない ・昼…

不動産投資のプロと売買春のプロ

不動産投資に興味があって、関連著書を読んだりしている。実際に不動産をやっている訳ではないので、初心者向けの本を雑多に読んでいる程度だが、不動産投資セミナーがあったので、それにも参加した。 経験者がセミナーをひらいていて、物件の調査から実際の…

「やっぱりおかしいと思った」と言う人

芸能人の麻薬がらみのニュースが世間を騒がせているが。そういう、世の中が驚くようなニュースが出た時に、「私は怪しいと思っていました」とか言う人。 あれはいったい、何なんだろう。 今年はじめあたりに、ショーンK氏が経歴詐称で取上げられ、様々な番組…

夢を与える黒柳徹子氏

病院の待合室でテレビを観ていたら、黒柳徹子氏が出演するトーク番組が朝から流れていた。 もう数十年もテレビに出演し活躍し続ける彼女、話しぶりは多少口元がおぼつかない点はあるものの基本的には滑舌としているし、元気で、記憶力も凄い。 テレビが白黒…

結婚したい男性諸君は、ハリーウィンストンの指輪を買って女性にプレゼントしよう

今月の特ダネだったかと思うが、今どきの結婚事情が何かの企画で取材班が街中の女性にインタビューしていた。 その中の一人の20代前半の、割と美しい女性が、 「ハリーウィンストンの指輪を買ってきたので、そのまま結婚しました!」 と話していた。 "マーフ…

卒乳式と卒業式

乳離れは何歳のタイミングで行うのだろうか。僕は男で独身だし、当然子供もいないのでこのあたりの事は全く分からない。 卒乳と表現するようだが、ネットで検索すると、一番しっくりきたのはユニ・チャームの説明。 ◇卒乳はいつ頃するもの?◇卒乳の時期はそ…

日本サッカーの歴史が変わる瞬間

昨夜の鹿島アントラーズ対レアルマドリードの試合はとても素晴らしかった。 反響は凄かったようで、2対4の得点差以上の見ごたえのある試合で、鹿島の公式HPにもその内容が一部記されている。 http://www.so-net.ne.jp/antlers/games/51936 ゲーム終了後の柴…

クラブW杯にみる、レアルマドリードと鹿島アントラーズの選手の年俸

朝のサンデーモーニングで、「喝!」のおっさんが、「鹿島アントラーズとレアルマドリードでは給与からして違う」と話していたので、両チームの年俸をきちんと比較するとどうなるのか、素朴な疑問が浮き上がった。 まずは、Jリーグでも有数の規模を誇る鹿島…

日本が嫌になって中国へ旅立った友人

僕の友人で中国で日本語教師をしている者がいる。 彼はいわゆる高学歴で、中学時代から過酷な受験戦争を勝ち抜いてきた。 芸術肌の風変わりな彼は、大学卒業後クリエイティブな道へ進むかと思ったが なぜか東京の築地市場で朝から男衆に交じって働き始め、そ…

相続問題、順番が狂う時

いつの時代も相続問題は頭を悩ませる。 現金はまだしも、土地や建物といった不動産になると相続人が複数になってしまい売却するだけでも非常に困難になる。 つい最近聞いた話。アパートを所有していた母親が高齢になったこともあり、その名義を全て長男に変…

「あなたには経験が無いから」という言葉を鵜呑みにするな

転職活動をして思ったのは、"あなたには経験がない"という理由で断られることが多いこと。 中には"未経験者可!あなたのやる気を"と堂々と求人票に載せながら、面接当日日に"いやー、うちは経験がないとね"と言ってくるツワモノもいる。 要するに、僕の何か…