読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風俗嬢もAVを観て勉強するのが当たり前の時代か

社会

僕の友達に風俗好きの友人がいて、それは僕自身も同じだから否定はしないが、彼は輪にかけて風俗好きだ。

その彼が、90分30,000円の女性に非常にハマっているという話を聞いた。

 

「彼女は大胆でね。とにかくエロいんだよ」

 

友人はため息まじりにもらす。

何が良いのか具体的に尋ねると、どうもプレイそのものよりは、行為に及ぶ時の

その女性の卑猥な言葉に特徴があるらしいことに気付く。


“一滴も残らずアタシの中に出して(コンドームを付けて行為に及んでいるが)”

“あたしの口の中に出して”

“最後激しく動くから、あたしのお○んこにぶちまけてね”

“お兄さん○○○(女性の風俗名)もイッちゃう、○○○(女性の風俗名)もイッちゃう”


「凄いだろ?」と、興奮気味に友人は話すが、僕はそのような事に性的興奮は覚えないので苦笑するだけ。


とはいえ、その風俗嬢は感度も見た目も普通(平均よりやや上くらいらしい)ではあるものの、彼の話によると

常にエロいプレイと体位を最新のアダルト動画等を観て勉強し、性的趣向の研究に余念が無い様だ。


「簡単には呼べないんだよ、こちらの予算もあるけど、人気NO.1だから。彼女はプロだよ」

 

なるほどなーと考えさせられる。

 

銀座高級クラブのNO.1女性も、見た目は普通だったりするというのは聞いたことがある。

嘘かホントか知らないが、上記の風俗嬢から考えても、人気NO.1であるほど容姿以外にかける努力が凄いのかもしれない。

 

どんな業界もプロ意識が無いと、生き残れない時代が到来したのだろう。

今の時代のAV女優にしても、驚くほど美しい女性ばかりだ。

一昔前とは違い、AV女優になるにも壮絶な競争率を勝ち抜く必要があるのだろう。