読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外国に行ったら現地語で話し、日本に訪れる外国人観光客にはその国の言葉で

昨夜、夕飯にとラーメン屋で飯を食っていたら欧米の男性外国人観光客が地図を片手に一人で店内に入ってきた。

僕は客としてそこにいたので相手をしなかったが、店主は、英語で道を尋ねられていた。

どうやら近辺の駅を探しているようで、確かにそのラーメン屋周辺は路地が多くて分かりづらく道に迷うのも仕方ないと思われた。

 

店主と外国人観光客とのやり取りをしばらく眺めていたが、男性観光客はしきりに英語で話しかけるのに対して、店主は日本語受け答え。

 

観光客「Eexcuse me. ~?」

ラーメン店店主「あー、○○駅?この道をまっすぐ行って、信号を右です、右、そうです右、信号を右...」

 

そのようなやり取りが目の前で繰り広げられ、ジェスチャーも交えながら店主が説明をすると、外国人観光客も理解し、「Thank You」と言い、「お気を付けて~」と言葉をかける店主。

店主は最後まで英語を話さなかった。

 

僕も東京に出張に行った時、上司を新宿東口駅まで見送った直後に、欧米系カップルの観光客に話しかけられたことがあるが、その時にも思ったのは、彼等はなぜか日本語を話さない。

 

殆ど英語で話しかけてくるし、こちらもなまじっか英語が理解できて簡単な単語くらいなら分かるものだから、日本語で話すことなく、英語でコミュニケーションしてしまう。

 

反対に僕が他国へ旅をする時、道を尋ねるくらいの言語は覚えるたり、挨拶や感謝を述べる言葉は前もって調べる。

 

日本に訪れる外国人観光客が持っている、ガイドブックにも恐らく簡単な日本語は出ているはず。

だが、どんなにコミュニケーションが難航しようともそれを使用しない。

 

根本に何か差別的な意味合いがあるのか、英語であればどこでも通じるというおごりがあるのか...。

理由は定かではないが、日本語で話しかけられるのは稀だ。

 

だが一方で、僕自身、台湾に観光に行った時、あまりに日本語が通じるものだから(現地のポン引きなどが日本語で話しかけてくる)そのまま日本にいる時のように日本語で話し続けてしまっていた。

 

店でお会計をする時など、日本語で話すと、その担当者は日本語が分からなくても日本語が分かる担当者を出してくれる。

 

時に面倒くさそうに対応されることもあったが、日本語でコミュニケーションしてくれるとかなり助かるし安心したのは言うまでもない。

 

上述の外国人観光客と、僕が台湾に行った時の日本語が通じる安堵感は同様なのかといえば、個人的には少し違うと感じる。

うまく表現は出来ないが。


また、僕の地元にはアジア系の観光客が多く、最近は韓国人に道を尋ねられたのだが、彼等は日本語を片言ながら話す。
だが僕が韓国に行った時は、日本語を話す機会もなく、通じる雰囲気もなかったし、(他の日本人に日本語で教えてもらったりはした)また僕も韓国語で話す自信も無く、それどころか韓国語を話すとなにか怒りを買うのではないか、とか、変なことを考えてしまい、気がつけば英語で現地の人間とコミュニケーションしていた。(韓国との関係があまり良くない時期に渡航した)

 

ミャンマーに旅行したときは殆どが英語だったが、僕自身、ミャンマーの言葉もある程度叩き込んで出かけていった。

こちらの下手くそな挨拶にも笑顔で応えてくれた。 

 

日本は安倍政権になり円安も手伝って年々海外からの外国人観光客が増加傾向にある。
それに伴い政府も様々な取組みを行っているが。

 

www.mlit.go.jp

 

 

やっぱり、これ以上の増加を見込もうと思ったら、海外から訪れる観光客向けの言語の整備や、外国人に向けた広告・看板づくり、店舗内のアナウンス等、より細かな整備が必要なのかもしれない。

東京・大阪・名古屋といった首都圏や、僕の住む地域以外の他府県ではある程度整備がされているかもしれないが。

 

台湾に行った後にまた台湾に行きたいと感じるのは、言語が通じることもあるし、日本人が過ごしやすいようにある程度の環境が作られていることもあるからだろう、あるいは戦前戦後の名残もあるのかもしれない。

 

そういったものが、「歓迎されている」という雰囲気を醸し出すし、安心感と非日常感が同時に味わえる。


欧米人がなぜ日本語をあまり話さないのか結局分からないが、我々日本人としては、彼等と同じことをせず、やはり台湾人のように海外からの外国人観光客を満足させる、日本流のおもてなしを考えると良いのだろう。

 

とはいえ日本に訪れる外国人観光客は今や多国籍に及ぶので、言語の整備はなかなか難しいところがある。

 

外国に行ったら現地語で話し、日本に訪れる外国人観光客にはその国の言葉で。

 

それが理想なのかもしれない。

FP2級資格の勉強が大詰め

5/28/17(日)に行われる、FP協会主催の2級資格試験に受験予定。

 

www.jafp.or.jp


サラリーマンの傍ら、休日には不動産業界の講習も受けていて、尚且つ空いた時間でFP2級の勉強を行ってきた。

 


・テキストの熟読
・テキスト内にある過去問題を解く
・過去問題集を3回解く
・FP協会に記載されている過去9回分の試験を解く

 


主に上記のような方法で勉強を進め、勉強時間は100時間は超えているが、150時間はいってないと思う。

 

ネット上では、全くの知識のない人間がFP試験を受ける場合は、2級においては150-200時間とあったが、正直な話何の根拠もないと思われる。

時間ではなくてどこまでやったかが恐らく重要。

 

大事なポイントをおさえる術に長けている人なら、2週間くらいでも合格できるだろう。(主観ですが)

 

いずれにしろ、才人ではない僕からすればこの勉強期間はなかなかしんどかった。

時間の確保もさることながら、突発的に入る上司との飲み会や接待、その他の交際をうまくこなしつつ、断ることは断って、疲れ果てながらも机に向かうという日々。

社会人になっての勉強は時間もエネルギーもかなり要する。

 

とはいえFP2級資格はそれ自体がそんなに重要な専門職に就けるような重要なものでは無く、ただ持っているだけで割と高く評価される、というそれだけの意味で取得するようなもの。

社内でも持っているだけで上司からの評価も結構違う、下らないが仕方がない。

 

一方では年々、金融に関しては非常に複雑になっているので、一個人が自身で資産形成をするにおいてはFP含む金融資格を勉強することそのものに、全く意味がないわけではないだろう。

 

イデアというのは、これまであった知識と知識の組合せで生まれるものが殆どで、
こうした知識の集約が、何かしらの活路になる可能性は高い。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

マネーの知識は時に、自身を助ける術ともなり得る。

 

 

また、近年増加するクレジットカードのカードローン問題を見ても、マネーに関する知識武装がいかに重要かが分かる。

 

www.nikkei.com

 

それにしても、金貸しは本当に儲かるのだなーと実感。

不動産物件で見る、事業のビジネスモデル

飲食店の開業と廃業が多い。

今や居ぬき物件を新規空き物件として賃貸に出すのは常識で、ある特定の建物のテナントだけが何度も何度も変わるという光景は良く見られる。

 

隣町でもつい最近までイタリヤピザ店だったところがあっという間に閉店し、店内の装飾やデザインはそのまま、またピザ専用の石焼釜も全くそのままにされており賃貸に出されている。

割としっかりとした作りでオーナーの想いが感じられたが、事業そのものはうまくいかなかったのだろう。

 

"飲食店"に限っていえば、経営に関しては立地が命とする見方があるものの、隠れ家的に開業し大繁盛させる店もあって、一概には何が正しいとはいえないのかもしれない。


一方で、場所や見た目を選ばないような業種もあるという事に気付いた。

 

古びたビルの1Fに看板も出ていないような会社がポツンとあるのを先日見かけた。
昼間は毎日電気がついているし、オフィスの中は外から垣間見ることは出来ないが事務所の前にバイクが何台か停まっているので、そこで何らかの事業が行われていることだけは分かる。

調べてみると、ポスティングを代行する会社だった。

 

ポスティングとは
ポスティングは効果的な販促・広告手段
ポスティングとは、究極のマンパワー人間力」によりさまざまな販促物(チラシ・試供品など)をダイレクトに、
そして確実に各家庭に配布する非常に効率的で温かな広告伝達手段です。
また、ターゲットを絞って配布することも可能ですから、他媒体と比べても無駄の少ない販促・広告手段であるといえます。

 

www.posting.jp

 

様々な企業から販促物の代行を受託して一般ユーザー向けにマンパワーで配達して回るという、これ以上ないくらいのシンプルな事業モデル。

 

調べてみると僕が街で見かけたポスティング代行会社は配達するバイトの方を含めて10名足らずの人数ながら年商は1億円以上。
会社は月曜から金曜までで残業等は殆ど無く、事業は概ねうまくいっているようだ。

 

繰り返すが事務所の前には看板すら出ていないし、お世辞にもビルそのもがきれいだとはいえない。
事務所の場所も決して好立地でもビジネス街でもないが、だがしかし事業はちゃんと成り立っている。

 

しかも、ネット広告が台頭しポスティングというような誰も目にしないようなチラシ広告を代行する事業は衰退していくように思えるし、斜陽産業に位置づけられるだろうが、きちんと利益も出せるくらいのビジネスモデルがそこにはあって、決してはた目には分からない。

 

不動産物件やテナント情報を違う面から見るだけで、どの立地のどの物件が出入りが激しいか、また繁盛しているのか分かるし一方で、驚くような場所でもちゃんと事業を軌道に乗せているケースもあるから面白い。

 

上述したイタリヤピザ店も、飲食業以外の事業であればうまくいくこともあったかもしれない。(どうしてもピザ屋をやりたかったのだろうが)

 

agora-web.jp

 

この記事によると、「その場所にどんなお客さんがいるのか」というところがポイントのようだ。

 

加えて、

 

"その場所ならどんな事業が利益で出せるのか"

 

簡単ではないが、そういった視点を持つことができれば、また違った展開が見込めるだろう。

いずれにしろ不動産を見ていると様々な事業モデルが垣間見えるのでそれだけでも面白い。

中国を観光する計画を立てている

中国に友人がいるので、アテンダントをしてもらいつつ桂林というところへ渡航する計画を立てている。

 

www.club-t.com

 

地形と山林の観光が見どころのようで、多くの観光客が年々訪れるスポットになっている。


今から中国についての情報を集めたり、会社の違う部署の中国人に積極的に話しかけたりと、初めて訪れる中国という国の実情を掴むことに努めている。

 

北方人と南方人という考え方があるらしく、「北方人は素直で荒々しい性格です」というような話が大連で働く中国人からあった。

地域によって人間の性格も異なるのだろう、日本の都道府県民の性格が異なるのと同じなのだろうか。

 

一方では、気になるニュースも。

 

www.msn.com

 

 

中国は軍事施設への立ち入りは厳格に処罰されるようで、注意すべきはやはりその点。
しかし上記の記事を見ていると、軍事施設との境界も曖昧なようで。

まあ、立ち入り区域制限がかかっているところや、人気のない場所を避ければ拘束されることはないだろうが、そこは日本とは違うお国柄。

また中国は共産国家なので気は抜けない。

 

とはいえ治安に関しては、桂林は中国の中でも割と良い方の水準らしく、ある程度は安心して渡航できるだろう。


海外旅行は非日常的な感覚を味わえるという身では最高の贅沢だが、一歩間違えば別の意味での非日常的な状況に陥ってしまう。

梅雨の沖縄も悪くない

全国に先駆けて梅雨入りした沖縄。

 

www.nikkei.com

 

雨の日のスコールは物凄く東南アジアのそれを感じさせるが、晴れの日は真夏日と殆ど変わらない。



今日は上司を接待するために居酒屋へ。


f:id:hungoveray:20170523210503j:plain


唄って、踊って、三味線の弾き語りを聞いて、京都の舞妓さんまではいかぬが芸者さんのような子もいる。


f:id:hungoveray:20170523210601j:plain


これが思いのほか喜ばれ、この手の居酒屋は随分と増えた。


数年前にもお世話になった上司を接待した際に、やはり物凄く喜ばれたのを記憶している。


沖縄の梅雨明けは例年通りでいくと6月下旬だが、その頃前後が一番時期的には良いかもしれない。


チケットも取りやすく、さほど混んでいないので観光地も周りやすい。


出張にかまかけて、上司も前のりするケースが殆どだ、遊びにいっているようなものだろう。


とはいえ、都会のストレスを癒す何かがあるのは間違いない。


f:id:hungoveray:20170523210812j:plain

脱獄はなにもプリズンブレイクだけではない

f:id:hungoveray:20170522232006p:plain

 

大ヒットした連続ドラマ、プリズンブレイク
現在また新シーズンがスタートし、人気を博しているようだが。


プリズンブレイクは無実の罪に捕らわれた兄を助けるべく、弟が刑務所の設計図を全身に刺青をし、弟自身も刑務所に入所して脱獄を図る、大雑把に言うとそのような物語。

 

 

だが、現実に脱獄を図った人間は現代にも割と存在している。

 

f:id:hungoveray:20170522232053p:plain

 

ナショジオチャンネルのこの番組が面白い。
最高度の警備体制を敷く刑務所から脱獄を試みたハロルド・レアード受刑者(まだ生存している)が、実際に語り手となり成功した脱獄の内容を軽妙な語り口でドラマティックに仕立てたもの。

刑務所に入るくらいだから頭は悪そうなものだが、やはりそこは脱獄へ成功した受刑者だけあって舌をまくくらいの頭の良さ。

 

脱獄には成功したものの、結局は逮捕され再度収監されるのだが、ハロルド受刑者は10代から犯罪に手を染め、殆ど定職に就くことなく犯罪を繰り返しており、手先が器用だったことと、脱獄への執念というか、根本には賢さも手伝って脱獄を果たした。

 

学歴こそなくても、何かしらの才能が発揮できる場があれば、彼の人生もまた違ったものになっただろうし、失業と犯罪が切っても切り離せない関係にあるのは、彼のような人間をみていると強く実感する。

 

一方、日本でも脱獄した人間は存在する。

 

 

-破獄 吉村昭著-

昭和11年青森刑務所脱獄。

昭和17年秋田刑務所脱獄。

昭和19年網走刑務所脱獄。

昭和22年札幌刑務所脱獄。

犯罪史上未曽有の四度の脱獄を実行した無期刑囚佐久間清太郎。

その緻密な計画と大胆な行動力、超人的ともいえる手口を、戦中・戦後の混乱した時代背景に重ねて入念に追跡し、獄房で厳重な監視を受ける彼と、彼を閉じこめた男たちの息詰る闘いを描破した力編。

 

これは実在した受刑者を小説に書き上げた、吉村氏の力作。

4度の脱獄とは恐れ入る、プリズンブレイクシーズン4どころではない。

 

www.tv-tokyo.co.jp

 

知らなかったがテレビドラマ化もされたようだ、視聴率はあまり振るわなかったのだろうか。

 

いずれにしろ、脱獄犯が実在するのは驚きだ。

現実は小説より奇なりというが、この破獄はまさにそれで現実にあったことを吉村氏が見事に描き切っている。

 

恐らくテレビよりも面白い。

 

それにしても、刑務所かつ脱獄ものはなぜこんなにも興奮させるのだろう。

どっかでサンドバックを探している自分に気付く

毎週土曜深夜から放送される、村本THE NIGHT。
視聴者が思いを書き込んだり、直接村本氏にメールを送れたりする、いわば双方向のやりとりが深夜に行われるもの。

 

f:id:hungoveray:20170521115113p:plain

 

 

僕は村本氏が特に好きという訳ではなく、むしろその言動が鼻につくこともある。

彼自身、番組に出演する自身への辛辣なコメントに対していちいち笑いを交えて答えていくシーンもあるのだが。

 

昨夜も視聴していると、視聴者からの自身への批判的なコメントに対して、

 

「(批判的な書き込みをする人)こういう人ってね、人生限られた時間で嫌なものに対してクレームをするわけでしょ、どうなのかなあ。クレーマーとかもそうらしいですね。あの子の○○が駄目だから(テレビに)出さないでとか」

 

と心情を吐露。

 

「サンドバックにしてくれよ~」と自虐的ネタを繰り広げたりもしていたが。

 

ただ一方でハッとしたのは、僕は村本氏の番組に何かしらの書き込みをしたり、メールを出したことは一度もないものの、彼の言動一つ一つをいちいち捕まえて、「なにいってんだ」と、心の中で氏を批判をしている自分に気付いた。

 

つまり、心のどこかで、自分のサンドバックになる存在を探していて、それを無意識に村本氏とその番組にぶつけていたということ。

 

嫌な番組と好きではないタレントが出ているならばそもそも観なければ良いわけで、これだけ番組が豊富に存在して、視聴者の好きに、そして自由に選べる時代。

なぜ自身が好ましいと思っていないものを視聴するのか、それははけ口を求めているからにほかならない。


村本氏は、時に政治の話をし、自身の目線や持論を展開しそれも番組の内容としてアクセントの一つにはなっているのだが、彼の話を聞いて不快な思いをしたり、「何を偉そうに」と思うなら、観なければいいという結論に至る。

 

そもそも村本氏に限らず、TV含めたメディアに出ている人間は何かしらの「目的」があって出演しているので、意図して発言をし、そして自身を視聴者に対してどう魅せるか、ということに心を砕いている、それは同時に彼等の仕事でもある。

 

一方で観るか観ないかはこちらの選択にゆだねられている訳で、観ない人が大勢いればそもそも番組は消えてなくなる。

 

道を歩いていれば、美しい華が咲いている一方で、犬のクソも落ちている。
クソをずっと見続けて嫌な気持ちになるよりも、華を見て気分良く過ごした方が人生が有意義なのは間違いない。
(人によって何がクソかは異なるので僕の主観)

 

とはいえ、クソをめちゃくちゃに踏んづけて、その上で綺麗に片づけてしまいたい、そういう世の中になっているとも感じる。

 

とりあえず僕はその後チャンネルを変えた。