夜の時間の過ごし方に困ることがある

趣味があれば夜の時間を過ごすには困らない。


まず僕は酒をやらない。


ギャンブルもやらないし、任天堂のゲームやスマホのアプリ等に興じることもない。


女は買うこともあるが、年のうちで数えられる程度。

趣味と呼べるほどでもない。


趣味=風俗


というのもおかしいが。


マラソンを週に五日程度こなすが、好きでもないしきついだけだ、進んでやりたいものではない。


以前、年輩のビジネスマンと話をしたとき、「君は酒をやるのかね?」と質問され、いえ飲みません、と答えると、夜の時間はどう過ごすのかと問われ、答えに窮したことがあった。


そのビジネスマンも酒をやらないようで、「夜の時間の過ごし方に困るんだよなあ」と話していたが。


考えてみると、僕にはこれといった趣味がない。


本は読むが読書家というほどでもないし、集中力が1時間と持たない。


以前は、というか今も時間の許す限り映画を観るが、100分以上の作品を鑑賞する時はそれなりに覚悟がいる。

頭をシャキッとしていないと、日頃の疲れが出て寝てしまうのだ。


上述のビジネスマンからの質問のように、よく休日や空いている時間に何をしているか聞かれるのだが、僕も逆に聞き返すことも多い。


ゴルフ

ゲーム

スポーツ

飲み会

子供


人それぞれだが、返ってきた答えは主にこんなところだ。


一方で、プラモデル製作や裁縫といったインドア的なものから、サイクリングや舞踊といったアクティブな趣味に興じる者もいる。


そうした人たちは仕事に重きをおかないし、仕事のための自己研鑽など皆無。


それが良いとか悪いとかの話ではなく、彼等にとってはもはや趣味の領域を越えているのだろう。


趣味とは一人で時間を潰すことができるもの


そんな台詞をどこかで目にしたが、これだけ多様な人生が歩める時代、趣味は無いよりもあった方が良いと個人的には思う。


趣味=仕事


みたいな、価値観をごり押しする世代が僕の上には多いが、定年してやることがない人々もいるなか、その価値観が完全ではないことも白日のもとにさらされた。



仕事人間がいけないというのではなく、それ以外の、何か打ち込める対象があった方がより有益に時間が過ごせる。


対象は多ければ多いほどいい。


何らかの理由で、例えば加齢による体力の衰えでスポーツに打ち込めなくなると、何もなくなってしまう。


人生は短いけど、思っているよりも長い。


無駄なことをする時間は結構あるし、僕自身、時間管理をきっちりして物事を効率よくこなしたところで、空いた時間になにもすることがないことも多い。


だからこんなショウもないblogを毎日更新する時間もある。

カフェイン中毒が問題になっているようだ

www.nhk.or.jp

 

 

長時間労働に耐えるためにカフェイン含むエナジードリンクを多飲したり、錠剤にまで手を出す若者もいる。


「最初は一本のエナジードリンクから」


中毒になるまで摂取したり、依存してしまう若者の殆どが、軽い気持ちでエナジードリンクを飲み始めたことがきっかけらしい。


カフェイン等はアッパー系のものとして位置づけられており、覚醒剤等のドラッグに比較して、気分が高揚するような興奮作用はかなり小さい。


だが近年、エナジードリンクにも様々な原材料が含まれるようになり、より長く、そして強く興奮作用が働くようになった。


具体的には、「Lアルギニン」という物質。


ネットで検索しても信用できる機関の公式的な作用に関する記載は見つけられなかったが、精力剤のような要素も持つといった記述が幾つかあった。


僕が好んで飲むエナジードリンクには、更に高麗人参エキスまで投入されている。


まるで精力剤のようだが、別段、身体へ異常があるわけではなく、それを飲んだからといって勃起する訳でもない。


とはいえ、心拍数が上がってきつくなることはあって、それに、常用している人が言うほどに、気分の高揚や疲れに対する耐性みたいなものも感じられない。


つまり、僕としては飲んだところで殆ど変化は無いのだが、それは本数が1、2本程度だからなのだろうか。


問題は、多量にカフェインを摂取することで急に体調に異変をきたし、そのまま亡くなってしまうケースだ。


そういった危険性をはらんでいる飲み物を、抵抗感無しに常用する人間が増え、また、マーケットについても年々上昇傾向にあるために各メーカーもこぞって製品化にこぎつける現状だが、製造元の問題なのか、「過剰に摂取しなければやっていけない社会」と多量摂取する若者が問題なのか。


個人的によく飲むエナジードリンクのモンスターの裏にある商品のコピー文を読んでみると、ある特定層にターゲットを絞ってメッセージを送っているのがわかる。



何事においても満たされないやつらがいる。monsterアスリートの連中やmonsterガールもそんなやつらだからこそ、新商品開発のヒントをくれたのさ。
スッキリとした味わい、甘さ控えめ、それでいてエナジーブレンドをフルにミックス。
白ラベルがmonsterの新しいトレンドだ。
ようやく作り上げたこのmonster energy ultra で新たな野生を解き放て!
unleash the ultra beast



または、



ついにゼロカロリーmonsterが完成した。
これはただの炭酸飲料ではない。
monsterのmを名乗る、ゼロカロリー、ゼロシュガーへの道のりは険しかった。
エナジーブレンドの改良、斬新な甘さ、何百回ものフレーバーテストを繰り返し、ついにmonsterが求めていた味わいが完成した。

monster absoltely zero 

は、仕事に遊びに必要なエナジーをふんだんにミックス。
要するに、ヤバイ…。
ゼロカロリー、ゼロシュガー、湧き上がゾクゾク感…。


absolutely guaranteed!


金がなくて、若くて、仕事もそれ以外にも満足しておらず、有り余る時間を時給に変えるような人々、あるいはスポーツに打ち込むプロ以外の人間だ。


こうした文面は知らないうちに脳裏にするりと入り込み、次第に体内を侵食する。


エナジードリンクを飲んで元気いっぱいな老人、というのはちょっとイメージがつかないし、金持ちならその有り余る金銭で高級な純度の高い麻薬に手を出すだろう。


そこへいくとエナジードリンクは、お洒落に音楽を聴きながらグビッとやる、価格も煙草の半額以下で多少の高揚感も得られる。


そういう宣伝イメージには成功しているだろう、酒を飲む若者が減ったことと関係性もあるはずだ。


こうした流れが、潜在的なドラッグ顧客に繋がる可能性もはらんでいる点はいなめない。


アメリカでは、貧困層のダブルワークが常識になっており、それに耐えうるために多くのマリファナを常用し、それがドラマになるくらい社会問題となっている。


上記のNHKの放送でも、日本の若者にそうした一面が見られるが、人手不足で賃金も少しずつだが上げざるを得ない状況においてこの傾向が見られるのは疑問だ。


何か他の要因があるのかもしれないし、思っているよりも雇用環境の改善は進んでいない可能性もある。



僕はエナジードリンクを多飲したり、カフェイン錠剤を摂取しているわけではないが、やはり薬物への入り口のような気がして飲むのを躊躇ってしまうようになった。

まだ生きてたの?早く死ねば

僕が中学校時代にいじめに遭っていた時に、いじめっ子から言われた言葉だ。

 

記憶は定かではないが、小学校高学年くらいから、もう既に言われていたかもしれない。

 

似たような言葉を大人になってから耳にした、それも最近のこと。

 

 

www.hochi.co.jp

 

 

ご存じ、豊田真由子議員が秘書に浴びせた罵声である。

 

大人の世界にもいじめはもちろんあるし、小学生、中学生、あるいは高校生に負けず劣らずの凄惨なやり方。

 

意図的に、狡猾な方法で精神的に追い詰め、心を破壊し、時には仕事まで奪う。

 

大人の世界にいじめがあるのに、子供の世界で無くなるわけがない。

子供は大人を見ているし真似する、だから10代のいじめは陰湿なのだ。

 

 

一方、小学生時代や中学くらいだと、いじめっ子の立場が逆転して、希にいじめられる側になることもある。

 

いじめられていた側にしてみれば下剋上のチャンスが訪れるわけだが、あるとき、僕も小学生のいじめっ子がついに他の同級生との喧嘩に負け、復讐する絶好の機会にみまわれた。

 

僕を含め多くの、泣かされていた輩が弱々しい拳を握りしめ、そのタイミングを今か今かと待ちわびていたが、そのいじめっ子の兄貴の登場でせっかくの機会は幕を閉じる結果に。

 

 

我々同級生の前に、中学2年生のいじめっ子の兄貴が出てきて、

 

「いじめるな」

 

その鶴の一声で終わったのだ。

 

小学生時代の中学2年といえば、大人の一歩手前であり、体の大きさから不良への顔のきき具合といい、全てが異次元。

その兄貴自身も不良グループで一目置かれていた。

 

小学生も、チンピラみたいな、ちょっと悪さをしてみたい、そんなグループもあったものの、中学生を敵にまわせるはずがなく、この騒動は雲散霧消となった。

 

だが、数ヵ月もすると、そのいじめっ子はまた、とりわけ僕のような弱い立場の人間には大きい顔をするようになった。

 

都合悪いことはケツまくって逃げて、自分がしたことに責任をとらない。

今でも思い出すと腹が立つし、許せないところもあるが、この手の、面の皮の厚さみたいな点は豊田真由子議員とも共通している。

 

 

彼女は数ヵ月の間行方をくらまして公に姿を見せることは無かったし、雑誌の取材には「(暴言を吐いた)事実はない」と否定。

 

かと思いきや先日、眉毛の角度を変えてまで謝罪会見をひらき、徹底的にレクチャーを受けたのか、単なる開き直りなのか居直りなのかは分からないが、笑顔を見せつつ記者からの質問にこたえた。

 

「死んだ方がマシ」

 

発言もあったが、議員辞職をせずに生きることにしたようだ。

それ自体は良いことだ、死んではいけない。

 

法的には辞めさせられないのが現状だし、当事者以外に謝罪する必要はないかもしれないが、豊田議員を取り巻く周りの目だけは変わったが、彼女の経済的な面含めたところに関しては殆ど変わりが無い点についてはモヤモヤとした気持ちが残る。

 

普通の人間ならば耐えられずに辞職する。

 

政治家だから心臓に毛が生えているのか、そういう人間だからどんな状況にもびくともしないのか。

それは分からないが、政治家に必要な要素が面の皮の千枚張りなのであれば、冒頭のいじめっ子も充分に素質はある。

 

とはいえ今回の騒動は事件性も帯びているので、刑事問題になれば彼女も何らかの制裁を受ける事にはなるだろう。

 

いじめについても、今や傷害事件、殺人事件としてちゃんと捜査がされる時代にはなっているので、少なくとも僕の時代よりは良くなっている。

 

いずれにしろ、自分以外の人間に、いとも簡単に死ねば、とか、生きている価値ない、とか、本人を前にして平気で言えるのは、僕の中ではいじめっ子と豊田議員くらいだ。

月に5冊本を読むという習慣を身に付けた

本を読むのは好きな方で、社会人になっても読書をする時間はとっていて、月に5冊以上と決めている。

 

その理由はくだらないもので、恐らく日銀の元総裁だったと思うが、とある雑誌のコラムで、

 

「知識というのは掛け合わせ。幾つも幾つも重ねていくことによってそこからアイデアが生まれていく」

 

だから、ほんの数分でも読書の時間を取れば年間に換算すると膨大な時間となり、それは新しい何かに繋がる、といった記載があったのを読んで、それなら、と、いうことで始めた。

 

かといってそれまで全く読書をしなかった訳ではなくて、ある程度は読んでいたが、月の冊数を決めることによってどんなに他の事に時間が取られても、読書の時間だけは捻出する、といった方向性に持っていきたかったからだ。

 

 

news.mynavi.jp

 

president.jp

 

 

この手の記事を鵜呑みにしてしまった、というのも理由の一つ。

 

「忙しいビジネスパーソンほど読書の時間は惜しまない。あのビルゲイツも...」

 

等と書かれると、多くの人間が読まずにはいられないだろう。

 

とはいえ、坂の上の雲や、竜馬がいくの著者である司馬遼太郎氏も、本を一冊書くのにトラックの荷台がいっぱいになるくらいの書物を取り寄せて情報を集めた、という逸話があるくらいだから、読書と年収の相関関係は馬鹿には出来ない。

 

僕の地元の名士で、食品会社を展開する経営者がいるが、その方の学歴は小卒で、学がないものだから本を読むしかなかった、ということで本社ビルにはあちこちに書棚があったのを実際に見かけた。

 

過去に働いていた会社の飲食店創業者も、事業を興す前はガードマンをしており、月収の殆どを家族の生活費として渡し、残った五千円にも満たない金額で毎月の自分の食費をやりくりしていたようで、そのなけなしの金で買った経営本を毎日のように読んでいたそうだ。

嘘のような本当の話だ、読書は恐らく無視できない。

 

 

読書というのは習慣にするまではなかなか容易ではないが、身に付けてしまうとなんとかなるもので、多い時は月に10冊近くは読むこともあり、年間だと100冊くらいは読んでいるかもしれない。

 

今僕は独身で、自由な時間がたくさんあるから出来るのだと言われればそれまでだが、本職をフルタイムで働いた後、FPといった資格勉強に精を出し、休日は不動産会社で実務の勉強をし、その他の付き合いもちゃんとこなして、それでも読書の時間は作っていた。

 

これに日課のマラソンも加わる。

 

正直なところきつい日もあったが、出来ないこともないと実感したものだ。

 

本の読み方は遅い方だと思う。

幾ら読んでも読み方がうまくならず、早くもならない。

1冊読むのに2時間以上はかかる、仕事をしている人間が2時間捻出するのはなかなかだ。

 

だが、読み方の工夫のようなモノは出来るようになった。

 

例えば、買う前にはその作家の略歴にざっと目を通す。

 

 

「ある日突然、"社会を変えるためには、一人ひとりの意識の革新が必要だ"と痛感し、“読むだけで魂が目覚める”文章を...」

 

「家業を手伝う。〇〇年、パイオニアと呼ばれ、コンサルや講演依頼が多く来るようになる...」

 

自己紹介欄の箇所にこういった、無理矢理のせたような経歴があるものは買わない。

 

後は目次にざっと目を通して、興味のある所から読み、読みやすいものなら買う、そうでないなら買わない。

前書きやあとがきから読むこともある、その著者の、著書に対しる思い入れのような本気度がわかることがあるからだ。

 

どうしても時間が取れない時は、ざっと本に目を通して、その本の書評を書いているコメントを丹念に読む。

 

誰が書いているのかが重要で、例えば名の通った作家だったりすると、いい加減な書評は書けないから結構内容をしっかりかつコンパクトに詰め込んでいたりすることもままあるので、それだけでさわりを掴めることも多い。

 

何を読んだらいいのかわかならないこともあるが、心掛けているのはなるべく本屋に行って手に取り、そして本屋に行ったら1冊は買うようにしている。

 

 

あれこれ書いたが、本を読むことのメリットは人それぞれだし、年収が低い人で読書家の人間はいる。

 

僕自身メリットがあると思っているのは、時間管理がうまくなったことと、ボキャブラリーが増えた事、あとは知らないうちに知識の引き出しが増えていたことだ。

LINKIN PARKのチェスター・ベニントンは自殺か他殺か

 Linkin Park のチェスターベニントンが亡くなり、今も様々な範囲で影響が出ている。

 

 

www.barks.jp

 

 

www.barks.jp

 

奥さんや息子が、ファンによる後追い自殺を止めるために活動的になっていて、時おり、上記のような生前の、自殺直前の動画や写真の公開にも踏み切っている。

 

チェスターの自殺要因は、幼少時代の問題におけるものと、アーティスト特有の、曲作りに関するものといった見方が多い。

 

www.fuze.dj

 

 

ジェイ・Z、チェスター・ベニントンの自殺は他人ごとではないと語る。新作の制作秘話も明らかに (2017/08/30) 洋楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

 

 

Jay-zも、チェスターの自殺はメンタル面が響いていたことを述べている。

 

僕もファンの一人なので、毎日のように記事を漁っているが、本国アメリカでは、チェスターはどうやら他殺だという見方もあるらしい。

 

www.bbc.com

 

 

koriworld.com

 


ameblo.jp

 

 

クリントン政権下におけるハイチの人身保護組織が、実は児童人身売買組織であることを知り、そこから政府やマスコミ、芸能界における人身売買と児童性愛を行う人物のリストを入手していて、その実名を全公開するつもりでいた、というのが内容。


上記の記事は、チェスターの幼少時期における虐待の内容もあり、ここでは記さないが極めて過激であり胸が塞がれるもの。


チェスター自身が虐待を受けていた事実を公表しているためにそれは間違いないのだが、児童人身売買にまで話がおよび、途方もない内容であるために事の真意は掴みようがない。


とはいえ本国アメリカでも波紋を呼んでおり、BBC も取り扱うネタではあるようなので、上記のblogにしてもトンでも記事と片付けることも出来ないくらいだ。



いずれにしろ、我々のような一般人は永久にその真意を知ることは出来ないのだろうが、チェスターベニントンの声が、2度と聴けないのは確かだ。

保健所にて性病検査を行う

hungoveray.hatenablog.com

 

 

hungoveray.hatenablog.com

 

 

陰部に染みがあって、その後出来物が発生したということは以前書いた。

 

今もその皮膚科には別の、単純な顔ニキビの診療でおとずれることはあって、僕の電子カルテには

 

「東南アジアから帰国。その後陰部にしみ、保健所へ...」

 

とか、

 

「中国帰国後に陰部がかゆい...」

 

等といった、医師による書き込みがなされている。

 

あれから保健所にちゃんと通って、性病では無いことは判明しているので何とか削除するとか、せめて書き直してしてほしいなーというのが本音ではあるが。

 

とはいえ、東南アジアで性風俗サービスを利用して帰国することがどういった意味合いを持つのか、その時の僕はちゃんと理解していなくて、そんな中で日を追うごとに不安は増し、医師から促された保健所での検査のすすめに従う事にした。

 

場所を検索するにあたって参照したのは以下のサイトだ。

 

www.hivkensa.com

 

検査できる内容は、

 

・梅毒

クラミジア

・淋病

B型肝炎

C型肝炎

 

そして、HIV

 

電話で前もって予約をし、名前を名乗るのだが、これは匿名で問題ない。
イニシャル等でもOKで、もちろん、そのイニシャルも本名に沿ったものでなくていい。


僕は複数回保健所へ通ったのだが、その理由は改めて記すとして、まずは梅毒・クラミジア・淋病といった性病に感染していないかどうか、その点を主目的にして検査してきた。

 

当日その場所を訪れると、人気は殆ど無くて、それは聞くところによると、同日にHIV検査で陽性反応が出る方への配慮等の一環であり、訪れる人同士が顔を合わせないように、ということらしい。


待合室で担当者に説明を受け、簡単なアンケートを書かされる。

 

性行為を持ったのはいつか
複数名とか
同性か異性か
肛門性行の有無は
性サービスを利用したのか

 

などなど。

他にも質問内容はあったのだろうが、

「自分は大丈夫」

といった当初の意識が一気に吹っ飛んでしまい、異様な恐怖感にとらわれるてしまったので、細かい内容は覚えていない。

 

アンケートを記入後、別室へ通されて、医師?による採血が行われる。


保健所でこういった検査を行うということは、主にHIVの早期発見が目的のようで、その手のポスターがあちこちに張り出されており、

 

「全国で毎年、およそ1,500人の感染者が報告されています。
このうち、およそ30%はエイズを発症した状態でHIVエイズの原因ウイルス)に感染していることが分かった方たちです...」

 

そんな文面ばかりだから余計に不安を煽る。

 

僕の目の前の医師も、特に何か話したりすることも気の利いた言葉をかけるでもなく、淡々と注射針の用意をしていく。

 

注射針を用意する前に、医師が後ろにあったレコーダーのスイッチを入れ、そこからリラクゼーションの音楽が流れだしたが、こういった計らいは恐らく、検査結果に対してのプレッシャーに耐えられない人が数多く存在するために、少しでもその気分を和らげる目的があるのだろう。

 

僕の緊張ももはやマックスに達し、注射後の結果待ちの時間の間、何とも言えないプレッシャーと恐怖感が全身を覆っていた。


結果、僕は

HIVをはじめとした、梅毒、クラミジア、淋病といった性病には感染していなかった。

 


まあそれは当たり前で、何かしらに感染していれば自分の性格上からこんなブログはとっくに更新を辞めているところだ。

 

だが一方で、HIVに感染した恐れのある人間が、いつまでも検査を受けようとせずに、ネット上のYAHOO知恵袋や教えてGOOなどで

 

「こういう行為をしたが感染の可能性はどのくらいありますか?」

 

という質問ばかりしているところを良く見かけるが、彼等の心情は今なら心から理解できる。

 

"万が一" の結果を突き付けられるのが怖くて、また、それを受け止めるだけの覚悟や自信が、きっと無いのだ。

 

もちろん、僕のように陰性結果が出る可能性だって十分あるのだが、「自分は大丈夫」というポジティブな側面は影を潜め、思考回路は最悪の結果ばかりを想像してしまい、そのような結果に左右されるよりは、と、何事も無かったかのように記憶を脳の片隅に追いやり、忘れて普段の生活に戻る方を選択してしまう。

 

知らない方が幸せ、というやつだ。


いずれにしろ、あのような経験は、後にも先にも、もうないだろう。

 

このHIV等に関する記載はまた改めて行ってみたい。

インド映画がすごい

インド

 

www.arukikata.co.jp

 

名目GDP:2兆074億ドル
人口:12億1,057万人

 

 

僕の会社の後輩も先日ムンバイへ旅行してきたようだが、常套句である

「人生観が変わった」

等ということは無かったものの、やはり同国の素晴らしさに感動して帰国してきた。

インドはずっと行きたいと思っているが中々足が向かない国で、映画は細々とだが観ていた。


インドを描いた映画として大ヒットしたのは、スラムドッグミリオネア。

 

movies.yahoo.co.jp

 

誰もが知っている映画で、作品そのものはイギリス映画になるが、元々はインド人外交官が書いた、「僕と1ルピーの神様」が原作となっていてそれを映像化したもの。
個人的には小説の方が好きだが、この作品で一気にインドびいきになった。

 

「僕と1ルピーの神様」では、経済発展著しいインドの裏で、格差社会や虐待、宗教等の問題も描かれており、読んでいると暗くなる場面もある。
だが最後にはインド人が持つ "希望" を描いており、深く感動した僕は職場のインド人に、その話を持ち掛けたくらいだ。

 

「あれは真実の物語だよ」

 

とそのインド人は神妙な面持ちで僕に語ってくれたが、その国の人を理解するには、その国を描いた作品に触れることが非常に有効な手段の一つになる。

 

movies.yahoo.co.jp

 

インド映画としてはこの作品も有名で、日本でも大ヒットした。

過剰な競争社会への風刺画的な側面もある一方、人生のあり方や幸福観、価値観について一石投じるような内容にもなっていて、「それってタブーじゃないの」みたいな内容までミュージカル調に笑いを混ぜながらグイグイ食い込んでくるところは何ともインドらしい。

 

ミュージカルが多いのは、セックスシーン等の愛の描写を描けないためであるということもこの映画を観ることで、初めて理解したことだ。

 

 

pk-movie.jp

 

eiga.com

 

 

この、ピーケイという映画では、宗教問題を宇宙人的な視点に加え、インド特有のコメディを交える、といった非常に斬新な方法で描かれており、かなりユニークな作風に仕上がっている。

特定の宗教を持たないとされる日本人から観ても、「そんなこと流して大丈夫なのか!?」くらいにガンガン突っ込んでくる。

 


内容は深くは触れないが、やはり、伸びている国、これからも伸びていくだろうという国は、その国内だけでも数多くの問題を抱え、更には近隣諸国との関係についてもひと悶着あったりする訳で、それは例えば中国にも言えることではあるが、そういったすべての問題を濁流の如く飲み込んで、そのまま前進し、むしろ推進力に転化してしまうくらいのパワーがある。

映画にもそれが表れているし、莫大な映画の製作費を支えるのは、やはり圧倒的な経済成長力だ。


上記の作品の中ではコミカルに宗教問題を取り扱っていたが、実際にはそんなに簡単な話ではないはずで、だがこうして "映画" として、娯楽ととらえて鑑賞すると、何だか少しは分かり合えたような気になるから不思議だ。


僕は映画を通してでしかインドをみていないが、底抜けな明るさとあのパワー、情熱、そして希望から、同国のポテンシャルを強く感じる。