読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人はなにがきっかけで薬物 "依存症" になるのか

僕はアルコール依存症なのだが、長い間酒を止めているので、自分がなぜ依存症になったのか分からなくなることがある。

今はどんなにストレスがかかっても、僕の中に酒という選択肢はなく、それ以外の方法で忘れるようにしていて、例えばマラソンだったり、意味もなく歩いてみるだったり、人がいないところで叫んでみたりと、とにかく、身を亡ぼすような何かにはけ口を求めるようなことはしていない。

 

アルコール依存症は最後はしぬしかないからだ。

 

とはいえ、これだけ誘惑の多い社会になると、これからも道を踏み外さずに生きていけるかは分からない。

 

そこで今一度、人がなぜ、薬物といったものに依存するのか、そのきっかけについて調べ、考えてみた。


①「一度だけ使ってみたい」という好奇心
②痩せたい、やせ薬、と聞いて
心理的ストレス、大きなプレッシャーから
④ハイになりたい


概ねこういった理由がきっかけで、最初に薬物に手を出すようだ。
厚生労働省のHPでは、その殆どが "好奇心" から薬物に手を染めてしまう、とあった。


薬物は一度でも使用してしまうと、脳の一部が、その薬物によって植えつけられた強烈な  "快楽"  "多幸感" によって変化してしまい、それを求めるために薬物欲求が止まらず、覚醒剤等は常用してしまうと最後はそれなしでは日常生活が送れないため依存症に陥る。


薬物は今や多種多様で、ヘロイン、コカイン、覚醒剤LSD、MDMA、大麻、危険ドラッグ、シンナー、そしてアルコールもそれに含まれ、中でもアルコールや大麻は敷居が低く、大麻の場合は世間一般では "依存性はない" という認識が強い。

 

本当にそうなのかは、僕はアルコール以外をやったことがないので分からない。

 

記憶にあるのは10年以上前に、僕を含め友人と三人で飲んでいる時に、うち二人が大麻をやり出して突然笑い出し、朝方までずっと楽し気に、二人とも笑っていたのが印象的だった。

僕も勧められたが、さすがに本能が "ヤバイ" と訴えてきて断った、今でもそれは良かったと思う。

 

なぜなら、大麻は、それ以外のドラッグへの入り口になる可能性があるからだ。

大麻だけに限らない。

 

例えば、マーシーこと田代まさしは、逮捕時はコカインと覚醒剤を使用していたが、10代のころはシンナーを使用していたことを告白した。


「僕はシンナーを吸っていたけど、ある時期がきたら止めることが出来た。だから覚醒剤を始めた時も時期がきたら止めることが出来ると思っていた。でも、無理でした」

 

シンナー

薬物の種類と害悪|薬物乱用対策 - 内閣府

 

 

清原和博氏も、現役時代に覚醒剤使用疑惑があったものの、昨年の独占告白の際に、現役中は覚醒剤は使用していないと否定したが、巨人でプレーしていたときに、グリーニーと呼ばれる薬物(疲労感を無くし、身体的能力を向上させる)を使用していたことは認めた。

 

www.news-postseven.com

 

 

 

二人のきっかけを見ると、 "軽い薬物" でも、最終的には覚醒剤、コカイン、ヘロインへと繋がる可能性は高いことが分かる。


一度目の薬物さえなければ依存症になることもないが、マーシーは初めて覚醒剤を使用した理由として、仕事へのプレッシャーからだとその著書で触れていた。
若いころにシンナーをやっていたこともあり、恐らく覚醒剤への抵抗感も低かったのだろう。

清原和博氏も、引退後のキャリアへのプレッシャーがきっかけで覚醒剤を使用し始めた、と告白した。


上述のきっかけの、心理的ストレス、大きなプレッシャーから という点が二人とも共通している。
僕が酒におぼれたのもそれが理由だし、加えて ④ハイになりたい ということもあった。

 

普通に生きていると、毎日同じことの繰り返しでつまらない。
また、これだけ閉塞感のある社会で、日々様々な重圧や圧迫を受けていると、どうしても息が苦しくなる。

そういう心の隙間をかいくぐり、巧妙に薬物は人生に侵入してくる。

 

 

薬物使用年齢の低年齢化が問題視されているが、一方で、覚醒剤をはじめとした薬物の上得意は、これまでのように若者ではなく、ちょうど清原和博氏のようなある程度の年齢層に達した立派な大人たちであることもまた事実。

30代の若年層から、50代くらいまでの中高年層が新しいターゲットになっているようだ、彼等には何しろお金がある。

 

そしてちょうど、ストレスのかかる年齢層だ。

 

ストレスは解消することは本当は出来ないものだから、いかに忘れるか、コントロールするかが大事になってくる。


となると、感情のコントロールが苦手な人は、どうしても薬物依存になりやすいことは否めない。

ストレスがかかりやすく、プレッシャーも感じやすいからだ。

 

薬物厚生施設に所属するとある女性のドキュメンタリーを観た時も、その女性が感情の渦に巻き込まれ、涙を流し、 "薬物に逃げたい" という葛藤との戦いが描かれていたが、上手に感情をコントロールするのはそのくらい大事なことなのだろう。

 

いずれにせよ、ちょっとしたことがきっかけで薬物に手を出してしまう可能性は、誰にでもある。


それがどのくらいの代償を支払う結果になるのかは、全てを失った薬物常用者を見れば分かるはずだ。

人前でスピーチしなければならないときに読む小説

スピーチの極意十カ条

一、 スピーチの目指すところを明確にすること

二、 エピソード、具体例を盛りこんだ原稿を作り、全文暗記すること

三、 力を抜き、心静かに平常心で臨むこと

四、 タイムキーパーを立てること

五、 トップバッターとして登場するのは極力避けること

六、 聴衆が静かになるのを待って始めること

七、 しっかりと前を向き、左右を向いて、会場全体を見渡しながら語りかけること

八、 言葉はゆっくり、声は腹から出すこと

九、 導入部は静かに、徐々に盛り上げ、感動的にしめくくること

十、 最後まで、決して泣かないこと

 

 

上記は、「本日はお日柄もよく 原田マハ」という小説からだ。


一般会社員として働く27歳の女性主人公が、スピーチの素晴らしさと魅力に惹かれ、そしてその道のプロと出会い、ひいては政界で自身の才能を開花させていく、といったような内容。
ビジネスと政治の場一辺倒ではなく、多少の恋愛模様も描かれていて、30万部以上売れ、ドラマ化も決定しているようだ。

 

意外とおろそかにされがちな、この "言葉" と、"スピーチ" 。

 

日本で一番売れている作家の村上春樹氏が出す作品はどれもスマッシュヒットで、その著書は世界中のファンを魅了するが、村上氏の小説が売れている理由は、"言葉" と "言葉" の組合せが恐らく誰よりもうまいからだろう。

 

アメリカ合衆国大統領バラク・オバマ氏にも、専属の若いスピーチライターの存在が大きかったとされる。

 

diamond.jp


上述の「本日はお日柄もよく」では、その内容は別にして、聴衆に語りかける "言葉" を自由自在に操るプロについて描かれているところは斬新で、結婚式やその他の公の場で、スピーチをしなければならない人にとって真似できそうなところもたくさんあった。

 


「"CHANGE"という言葉を少し変えるだけで、"CHANCE"になる。
大切なのはこれ、GをCに変える、ちょっとした勇気を持つことです」

 


例えば↑↑↑のような、バラク・オバマアメリカ合衆国大統領の演説になぞらえ、日本人が喜びそうな、かつすぐに使用できるフレーズがこの小説には溢れている。

 


これだけ情報発信が入り乱れ、常日頃メッセージの相互受信を求められる時代には、これまで以上に言葉の持つ力の重要性が意味を持つことになる。

 

スピーチや言葉で世界が変えられるかというと、それは分からないが、少なくとも歴史書に名前が記載されている偉人は、やはり聴衆に語りかける能力に長けていた、という側面があることは否めない。

手に無いものを嘆くより、いま手にある幸せに気付こう、という話

友人から以下のメールが届いた。

 


私たちは、ある条件さえ整えば間違いなく幸せになれると思っています。

こうした考えが真の幸福の妨げになるとは気づきもしません。

幸福という概念を手放せれば、すぐに本当の幸福が心に生まれます。

何かの資格や、特定の職業や、ある相手との結婚などが実現しなければ幸せになれない、そう考える若者たちにも出会ってきました。

私たちは自分で幸福の条件を作り出し、それに縛られているのです。

自由な人にはいつでも幸福が訪れます。

これが幸福だというひとつだけの概念にこだわる意味があるでしょうか?

そうすれば幸福は限定されてしまいます。

その概念を手放せば、あらゆる方向から幸福はやってくるのです。

 

 


既に幸せなのだから、まずその事に気付こう。

人間は他者との比較でしか幸せを感じられない生き物だから、まずはそれをなくして
いわゆる世間一般でいわれている "幸せの基準" を捨てよう、という考え方。

 

 

 

"既に幸せなのに、外ばかりみている だから今の幸せに気付いてください"

 

"車の外の女性ばかり見ていたら、助手席の女性に怒られる

だから隣の美しい女性に気付いてください"

 

 

とにかく様々な言い回しがあって、どれもこれも実に心地が良いのが共通点。
自己啓発書などではそういったメッセージが飛び交うしし、またこれが良く売れる。

それは現状に不満を抱いていても、無理して"変わる"必要はないといさめるし、多少なりとも幸せな気分に確かにしてくれる。


ただ、現状のどこかに不満を感じている人間がいたとして、上記のアドバイスや考え方は果たして的確なのだろうか。


人間は確かに他者との比較で物事を考えるが、ただ一方で、"本当に" 助手席の女性に不満を抱いていることだってあるはずだ。

 

無理に "幸せだと思い込もう" といった空気が蔓延していると最近感じるし、勿論それは悪いことではないけど、そのメッセージを真に受けてしまうと、本来は自分自身の深層心理でくすぶる向上心や上昇志向そして挑戦心に蓋をして、せっかくの可能性を自ら閉ざしてしまう結果になるのでは。

 

"いま手にあるものに幸せを感じよう"という考え方は、どちらかというと、安定した仕事、給与、家庭、マイホーム、家族がみんな健康、そういった、今や手にすることがなかなか難しいものを手にしている人々に対してのもので、今日明日のご飯がなくて、手元には本当に小銭しかなくて、仕事がなくて、生活保護も受けられるかどうか分からない人に

 

"あなたでも今幸せですよ、生きているのですから。手にあるものに早く気付いて"

 

と言ったら、その人はビルから飛び降りないだろうか。


万人に向けたものではないメッセージを真に受けてしまうと、大変な結果になる、と言う事を言いたいだけで批判をしている訳ではない。

 

上記は極端な表現だが、とはいえ、最近日本には何だか優しいメッセージが溢れていて、それが現状を変える姿勢を削いでしまう側面もあるように感じる。

動き始めたタカタ株

車メーカー各社が法的整理の債権者申し立てを検討と報道されて株価急落

 

jp.reuters.com

 

かと思いきや、タカタ側にも "柔軟姿勢" が見られるとされて。

 

www.bloomberg.co.jp

 

みずほ証券の土屋剛俊アナリストは、株価は法的整理を連想して下落しているのではないかとした上で、債券市場ではタカタの姿勢の変化の背景に「私的整理に向けた条件の緩和があるととらえられており、債券価格は倒産を意識した値付けとなっていない」と話した。

 

それを受けて、下がった株がまた上昇。

 

そして今日また新たなニュースが。

 

www.bloomberg.co.jp

 

記事をそのまま読んでいると、

 

強靭な姿勢を取り続けるタカタ

自動車メーカー各社債権者申し立てで重圧をかける(そうする気が無くても)

慌てたタカタ創業一族、一転して対話に応じる、要求に多少は応じる姿勢

 

と見て取れるが、素直に受け取って良いのか分からない。

 

今日のニュースでも上述のように「私的整理の再建案提示」と、株価上昇要因としてのニュースが流れるも、

上昇の仕方にも迷いがあるような動きがうかがえる。

 

僕は700円ちょっとで800株買い、あまりの乱高下にビビッて夜のPTSで売っパラった。

 

シャープの時もそうだが、支援がきっちりと決定してからその株を買っても、十分儲けは出ると思う。

 

とはいえシャープとはまた事情が異なり、タカタはその利害関係者があまりに多いことや、

自動車メーカーの意向と中国資本とタカタ創業者一族の思惑が絡みつき、買うにしてもタイミングがはかりづらい。

 

更にはタカタと取引を希望する各会社への影響もあり、なかなか支援が進展しなかった。

 

www.tsr-net.co.jp

 

買うかどうか迷う。

本当は、やりたいことはミュージシャンではなくて、親への反抗心から

とある40代の男性がミュージシャンを志望している。
彼は子供のころ地元では神童と言われ、その名を聞けば誰もが頷く指折りの進学校を出て、東大へ進学したエリート中のエリートだ。
元々家柄も良いようで、皆それぞれ医者や弁護士になっているとのこと。

 

だが長男である彼だけが40過ぎてミュージシャン志望とはいえフラフラしており、今も母親から月々の小遣いをもらい、そのお金で夜な夜な飲み歩いて弾き語りのようなことも行っている。

 

やはり頭も切れるし、弁も立つ。

きちんとした職に就けばあるいは安定した人生を送ることが出来たのだろうが。

 

ミュージシャン志望ではるものの、歌を唄えばとてもではないが聴けたものではない。

そういった話を飲み屋で僕も含めて話していたのだが、彼の目的は、本当は「ミュージシャンではない」とある人が言った。

 

「酒の飲み方もアル中っぽいし、ミュージシャンっていうよりは、"親への反抗心"。
親が敷いたレールの上を歩きたくない、という思いから "あえて" 道から外れるような行動をしているように見える」

 

と話し、なるほど、と思った。

 


別の例で言うと、幼少時から父親に激しい暴力(性的ではない)を受けていた女性がいて、彼女はずっと父親が許せなかった。
そんな父親に反抗して、その反骨心から自分で努力して海外の大学教授まで上り詰めた。

 

順調にキャリアを積んでいたかのように見えた彼女のもとに、父親の訃報の知らせが届いた。

 

その女性はどうなったかというと、驚いたことに鬱になったそうだ。

 

どういうことかというと、これまでは、父親が憎くて憎くて仕方がない、そんな父親を見返すためにこれまで努力をし、その憎しみが原動力となっていたが、父の死でそれが失われてしまった途端、彼女の原動力が無くなってしまった。

 

上述の神童と言われた男性と共通しているのは、親への反発心だが、親の言うことを聞かずに自分の人生を歩いているように見えても、実際のところは、その親の影響を強く受けて自分の人生を生きることが出来なくなっているというところ。

 

こういう時、その人に必要なのは「赦し」らしい。

 

ゆるすことが出来て初めて自分の人生がスタートする。

そこらへんに書いてある安易な自己啓発にも、「赦すこと、許すこと、ゆるすこと」とあるが、悔しいことにそれは本当だったということだ。

 

憎しみや反骨心は、臥薪嘗胆という言葉もあるように時には辛く過酷な状況において、強い原動力を生み出すが、ともすればそれは、その憎しみや反骨心が無くなると原動力が他には何もない、ということの裏返しであることを意味する。

 

そうすると、"本当の意味で自分の人生を生きている" のかと問われれば、答えを出すのは容易ではない。

 

常に誰かの言葉やメッセージを受けて我々は生きているからだ。

 

また、ゆるしも必要かもしれないが、自分の心の声を聞くことも重要だと僕は思う。

車いすバスケットを描いた、マンガの "リアル" で

 

「自分自身の"声"を聞こえないふりをしていると、そのうち本当に聞こえなくなる」

 

というセリフがあるが、年齢とともに聞こえにくくなっていると確かに感じるからだ。

女は立ち話が好きで、男は戦争、強姦、殺人、を生み出す らしい

女性はとにかく話し好きだ。

 

会社のオフィスでも、廊下でも、街中の通りでも、数名ときには二人でひそひそ話をしているのは大抵女性だ。

男は無口で、ストレスが溜まったり悩み事があると、一人で殻に閉じこもり、他者との交流を断つ傾向にあるが、女性は逆。

話すことそのものがストレス解消になるようだし、どこにでも行くし何でも食べる。
カフェで数時間、友人と話したはずなのに、お店を出てからも店の前でなおも話し、その後帰宅してからも電話やチャットで同じ話題を話し続ける。

 

女性はそういうことが出来る。

 

人の悪口も話すし、自分の失敗談や身近な人間の近況、とにかく何でも話す。

人の話が聞くのは割と好きで得意だと思っている僕でも、あいづちや返答に困ることもあるくらいだ。

 

僕の昔の同僚(女性)の彼氏が、合格率60%くらいの資格試験に落ちた時は、

 

「信じられる?あの人は東京六大学に入学できる頭脳を持っているのに、こんな簡単な試験に落ちるのよ。アタシは思わず笑ってしまった!"なんで落ちることが出来るの?"って。だってアタシがロクスッポ勉強していないのに合格したくらいの資格よ、ホントに笑えるったら」

 

と話す話す。

 

僕が言葉を間違って思わず、「バカではないのですね」とかえすと、少々ムキになり
「当たり前よ!バカじゃないのよ!」と反論してきた。

驚いた僕は即座に謝罪して、「そうですよね、元々の備わっている素養が凄いようですもんね」と答えて事なきを得たものの、

 

"えー、そんなあなたは自分の彼氏をバカにしていたじゃないですかー"

 

っと心の中で思うのだが。

とはいえ女性に限らず、人は誰しも自分の身近な人間を自分自身が悪く言うのは許せても、他人に言われるのは許せないらしい。

 

そんなあなたの口が、自分の身近な人間を悪く見せているのは間違いない。

 

まあ何て事はない、この女性は彼氏と二人仲良く同じ検定を受けたのだから、これは形を変えたある種ののろけ話だったのかもしれない。


こういう女性とのやりとりを、非常に煩わしいと感じている男性はきっと多い。

 深読みして返答するのが苦手だからだ。

 


 

とあるバーで大学教授(男性)と席が近くになり、男性の性分というか欠点について話す機会があった。

 

「戦争、強姦、殺人、世の中のあらゆる負の出来事は全て男性が生み出している」

 

と言い、その周りにいた女性客もうんうんとうなずいていた。

そんなに迷惑をかけているのなら、しぬしかないのだろうかと暗鬱たる気持ちでいると
うち一人の女性(独身)が、「男性のどこが良いんですか?」と質問した。

 

"どこが良いんですか?"

 

グサリとくる言葉で、「男って、生きている意味あるんですか?」とも聞こえる一言。

 

その教授が答えたのは、

 

「女性一人ではやはり出来ないこともある、男性にはやはり推進力がある。
前進する力。例えば車でいうと、男性はアクセルだね。ハンドルまで男性が握ってしまうとその車は暴走しがちだけど、ハンドルを女性が握るようにすれば世の中もっと良くなる」

 

逐一正確ではないかもしれないが、概ねこのような感じだった。

その場にはなるほど、といった空気が流れたが、僕は思った。

 

ブレーキは?

誰が踏むの?

 

ゲイが踏むのだろうか、と思案している間にこの話は終わってしまった。

 

恐らく、その教授は女性と男性の役割の違いを指摘したかったのだろう。

 

男は狩りをして、女は木の実や果実を獲って暮らしてきた。
男は守り、女は育てる。

-話を聞かない男、地図が読めない女-

 

そういった役割が学術的な考え方としては一般的、だった。

 

-女は男のどんなところに不満を覚えるか。
鈍感、のんき、人の話を聞かない、やさいくない、話をしてくれない、愛が足りない、2人の関係を大事にしない、触れ合いは二の次でセックスばかりしたがる、上げた便座をおろさない。

 

-男は女のどんなところにいらいらするか。
運転がへた、標識を見落とす、地図を上下さかさまにしないと読めない、方向音痴、むだなおしゃべりが多すぎる、セックスしたくても自分から誘わない、用がすんだあと便座を下げておかない。

 

男は探し物を見つけられないくせに、CDはアルファベット順に並べる。
女は車のキーがどこにあっても探し出せるくせに、目的地への最短ルートを見つけられない。
男は、男のほうが分別があると思っており、女は、女のほうが分別があると確信している。

 

-話を聞かない男、地図が読めない女-

 

 

 

今は男性が弱くなり経済的にも骨抜きになってしまい、金を稼げる男もずいぶん減った。(と感じる)
一方で、女性の社会進出はまだまだとはいうものの、前にもまして女性経営者や、稼ぐ女性は確実に増えた。

 

この前、マンションのモデルルームに見学に行った時にも、奥さんが女医で年収1,000万円以上、旦那さんが一般サラリーマンで年収400万という夫婦に出会った。

 

マンションを選んでいる最中は旦那さんが強気で発言し、バシバシとイニシアチブを取るもいざお金の話になると、奥さんが口を開き、旦那さんは貝のように口を閉じた。


僕がイメージしていたいわゆる夫婦のなかでは初めてみる光景であり、時代の変化を感じたが、立ち話が好きな女性と、戦争、強姦、殺人を生み出し続けてきて男性の役割は、それぞれが確実に着実に変わりつつあるのだろう。

必殺!バカリズム地獄 東京23区風俗嬢の鬼ギレ(食事中に読まない方が良いです)

f:id:hungoveray:20170320201143p:plain

 

バカリズムが東京23区内にある風俗嬢の相談に乗る、という内容なのだが。

性的趣向は人それぞれであると分かっていはいたが、あまりにもどぎつい内容で目が釘付けだった。

 

 

-客に切れたことは?

という質問で、一番のトンデモは、「白いぽっちゃりさん」かすみさん(20)の女性。

業界未経験でぽっちゃり好きな男性が訪れる店で働く彼女が、過去に接客したお客で、

 

f:id:hungoveray:20170320201319p:plain

 

「...事が終わった後に、お客さんの精子が入っているコンドームあるじゃないですか。
それを、自分が持参してきた(客が予め買ってきた)寿司に、かけて食べるんです、自分で。(客が)あーん、とかってやるんですけど、気持ち悪くて」

 

この番組をつけて一番初めがこの内容だったのでかなり衝撃的だった。

「寿司は醤油をかけて食えって感じです~」と話していたが、そもそも自分の精子を口に運ぶ男が世の中にいること自体が驚きであり、"普通男性は自分の精液を嫌がるものなのに"とうなるバカリズム

一体どこに性的興奮を見出しているのか不明。

 

他にも、

 

f:id:hungoveray:20170320201516p:plain

 

「クチュクチュ」むぎさん(20歳)。

 

映画「スターウォーズ」の前振りを設定して、性的サービスに移行していくのを好む男性がいたようだ。

 

「"最後は俺のソードを出すか"とかって最終的に"俺の最終兵器を出す"って、お客様がズボンを下ろす設定なんです」

 

と、何とも細かいエピソード。


また、この「クチュクチュ」むぎさん(20歳)のもとには75歳のおじいちゃんが頻繁に通ってくるようで、

 

f:id:hungoveray:20170320201813p:plain

 

「おじいちゃん殆ど立たないんですけど、たまに立つときにはバイアグラを飲んで来ているみたいなんです。それで私がフェラチオをすると、"あー天国のようだー"とかって言うんですけど、どちらかというと天国に近い年齢なので、ああ!おじいちゃん、そのまま天国にいってしまんじゃないかって」

 

と、高齢の客についても赤裸々に話す。

 

「おじいちゃん立たないのに、"入れていいか"とかって聞いてくるんです。いや、入らないだろ!って。(立たないから)"入れていいか"無理だろって!思います」

 

高齢者もおさかんなようだ。

 

一方で熟女好きの男性で、SMを求めたり、言葉攻めのようなものを好む客もいるらしく。

 

f:id:hungoveray:20170320202008p:plain

 

-SMのときはなんていう?

「"...こんな天気の悪い日に呼び出してんじゃないわよ!"とか」

 

「あと、"欲しいの?"とかって聞かれるんですけど、10分前に初めて会った人のなんか、欲しくないです」

 

-"欲しいの?"って聞かれたらなんて答えています?

「うん、おちんちん欲しいのって言って、そのまま乳首いじりながらフェラチオするようにしています。欲しくないですが」

 

また変わった趣向として、


「お客様に、3つのお年玉袋みたいなものを出されて、中身が、"現金五万円ゲット" "アナル開発" "即尺"ってあって。30分くらい悩みましたけど、五万円ゲットしました」

 

という風俗嬢も。

 

あとは走っている車の中でフェラチオをさせる客のちんこが、白い珍カスで汚くてできなかったとか。

 

f:id:hungoveray:20170320202546p:plain

 

ひたすら下卑た話。

 

それにしても日本人男性の変態性が凄い。(僕もそうだろうが)

 

上記のようなどぎついプレイに興じていても、日ごろは何食わぬ顔で毎日仕事に励んでいるに違いない。

 

風俗店はブラックボックスだ、この番組は面白い。

 

ちなみに、女性も男性の精子が飛ぶことを嫌がるようだ、髪の毛などに。

そう言えば僕の知人も、AVの見過ぎで、全ての女性が顔射を望んでいると勘違いしてしまい、初めて付き合った彼女とのセックスで顔射をしようとして振られた。

 

f:id:hungoveray:20170320202903p:plain