社会人に出ると嫌いな人間と過ごさずに済む逃げ道はある

僕は幼稚園から高校まで特に私立に通ったことは無く、常に公立で親の仕事事情とマイホーム事情によって、住むところも変わってきた。

小学校低学年までは多少のいじめはあったものの、気にならない程度のものだったのだ。

 

ところが小学校高学年から事情が変わり、転校生がいじめられるパターンにそのままはまってしまい、それが中学三年生まで続いた。

この間の数年くらいはあまりいい思い出がない。

 

その当時もいじめによる自殺は毎年のようにニュースで報道されていたし、現代にも負けず劣らず凄惨かつ陰湿ないじめは数多く存在した。

そんななか、子供の将来を憂慮して、私立に通わせたり、無理やり住むところを変えて学校区を変更し別の学校へ通わせる親ももちろんいたが、それは例としては非常に少なかった。

 

そういう意味では、今よりもいじめは深刻視されていなかったのかもしれない。

 

僕もその類で、親の事情で学校や周りの人間関係が変わったことはあったが、自らの意思でそれを変えることは出来なかった。

 

逃げることは許されなかった、当時は引きこもりという言葉もその存在も認識されてい

なかったので。

 

"不登校"という言葉も使われていなかったから、

 

学校に行かない子供=悪い子

 

この構図に縛られ、苦しい思いをしている子供は僕だけではなかっただろう。

 

今も昔も変わらない、この、逃げられない現実に絶望して、未来ある若い人たちが自ら命を断つのは本当に残念でならない。

 

一方で、社会ではある程度逃げ場を作ることが容易にできる。


例えば、進学できずに働く以外の選択肢が無く、その職場環境が劣悪でかつ人間関係が悪かったとしても、自分の意思で辞める、という選択肢だけは残されている。

 

引きこもりだってできるし、そのためのコミュニティは今やどこにでもあるし、職を転々として、例え親や周りに何といわれても、逃げ場を作ることが出来るのだ。

 

人生は短いので、嫌な人間と必要以上の時間を過ごすことはない、というのが僕の個人的な見解。

もちろん、あまりに我が強すぎるとどこへ行っても同じことの繰り返しという懸念事項はあるが、それを差し引いてもなお、逃げ場を作ることには大きなメリットはある。

それに、逃げていくいうちに最終的には似た者同士というか、居心地がいい者同士で固まり落ち着くようになっている側面もある。

 

そう、社会人になると、逃げる選択肢はかなり有効な手段なのだ。


これが、小学校、中学校のような義務教育となると、そうもいかない。

 

例えどんなに学習環境が劣悪、いわゆる"グレ"ている生徒が多くても否応なしに関わらざるを得ない。

故に、その影響を受けることは間違いないし、私立に通えるほどの財力が無ければ環境を変えられず、最悪のケースは巻き込まれてしまう。

 

その後の人生に大きな違いが出ることは間違いない、多くの場合は悪い意味で。

 

それに、10代前半の多感で難しい年代のころには、友人が何よりも大事で、そのコミュニティからはじかれてしまうと、生きていくのは難しい。

 

死ぬことそのものよりも、そこに居場所がない、自分の存在が認めてもらいない、そういった精神的苦痛が最も人間にダメージを与える。

 

社会に出ると逃げ道は幾らでもあるが、学生時分の10代の若い子たちはどうだろうか。

あなたの魂は○○です

僕の周りには驚くほどに迷信深い人間が多い。

 

「占い師にこの日は駄目だと言われたから結婚式は延期した(または早めた)」

「亡くなったあの人が、"あなたのことを心配している"といわれた」

「北の方角に今日は行ってはいけない」

 

その他ぶらぶらぶら。

 

この前も、僕の知人が占い師見習いのような人間に、「あなたの魂は祖父母の元にいっている」と言われたそうだ。

 

一体どういうつもりで、占い師もどき氏がそう発言したのかは分からないが、言われた方は決して気持ちいいものではない、まるで死を宣告されたような気分だ。

 

いずれにしろ、根拠のないことを真に受ける方も問題だが、そういう発言を無責任に発信する人間もいかがなものかと思う。

 

不安を煽るような発言をする人間は大抵、マイナスの言葉を自分以外の他者に向かって発信する。

 

人間は他者とコミュニケーションする時、大抵は自分の、しかもポジティブな話をしたがるものだが、この手の人間は必ずといって良い程、ネガティブな話を、他者に向かってする。

その多くは、上述のような霊的なものやスピリチュアルがらみ。

 

それは、最終的には自分の利益になるからだ。

と、僕は思っている。

 

信仰や霊的なモノ、スピリチュアルな存在を信じる人たちを否定する気はないが、むやみやたらに他者の不安をあおり、お金に繋げる者たちの実に多いこと。

そういう類の話は、その内容を信じる人たち同士でやっていただいて、こっちを巻き込まないで欲しい。

 

 

僕はその手の話はノータッチだが、徹底した唯物論者という訳でもない。

 

唯物論といえば、ナニワ金融道で有名な青木雄二氏は、根っからの唯物論者で自身もその事を公言し著書でもマルクス主義を標榜するなど、信仰に対して批判的な立場だった。

 

それでも売れっ子漫画家の青木氏のもとには取材依頼や番組出演オファーがひっきりなし届き、TVでも引っ張りだこで、やはりNHKからも出演依頼がきたらしく

 

「神はおらんと言わせてくれ」

 

と青木氏が出演条件を提示したところ、NHK側が拒否し、そのために出演が実現することはなかったという逸話がある。

 

彼を見ていると、人は何かを信じなくても生きることが出来るのだと感じさせる。

面白いおっさんだった。

 

そんな氏の作品では、宗教とマルチ商法、そして微妙な人間心理が非常に細かくかつ丹念に描かれており、ナニワ金融道にしても、庶民的な金融漫画としては相当に優れた内容だった。

 

また青木氏の作品で、何かしら企らんでいる登場人物が他者に向かって不安を煽るような発言をする時は、必ず、その企てた者の利益に繋がるような仕掛けがあった。

 

氏の作品は実際に現実に起きたことを描いているので、決して遠い国の話ではない。

だから絵が汚いにもかかわらずあれだけヒットしたのだろう。

 

いずれにしろ、「あなたの魂は○○です」と、むやみに不安を煽る輩は信用しないことだ。

 

最終的には金銭が発生する、上述の占い師もどき氏は、きちんと料金をもらう占い師になりたいのだろう。

シャープ東証一部上場

headlines.yahoo.co.jp

 

headlines.yahoo.co.jp

 

思えばたった一年前までは、上場どころか経営自体が立ち行かなくなっていたところを、資金力もさることながらトップダウン式の経営手法であっという間に黒字を確保。

 

約束通り、東証一部上場の申請となった。

 

株価もまた400円台の水準に大幅アップ。

300円台後半の時に買っとけばなーとまたもや後悔。

 

リーマンショック前の水準を目指すと言うが、ここまでくると決して大言壮語ではない、実に現実味のある計画。

 

業績回復株としてはシャープだけが今のところ株式投資において成功しているが、東芝どうだろうか。

そろそろ他の銘柄を探さねばならない。

ラウンドテーブルの温度差

どの会社も同じだろうが、経営幹部が拠点訪問をし、その際に現地社員とミーティングを重ねることがある。
勤め先の会社も同様で、幹部と現場社員との間でラウンドテーブルを行うことが慣習となっている。

例えば役員クラスが5名くらいいたとして、その下に本部長クラスが数名配置されている場合、その数に応じてミーティングが行われていく。

形としては経営幹部が、「皆さん、何か要望等はございませんか?どうぞ忌憚ないご意見を」というスタンスをとるのだが、こちらの意見が反映されたり、何かが変わることは殆んどない。

つまり、ラウンドテーブルは無意味なものと結論付けられる。

何のためにそのミーティングが行われるのか本当の理由は分からないのだが、経営幹部の立場で考えてみると、



1、経営幹部が更にその上司に「私は社員との交流を持っていますよ」とアッピールするため

2、末端社員に向けて、「私はあなた方の話を聞いていますよ」とアッピールするため

3、ゴルフだけして帰るのも味気ないから、話をして帰る


このようなところくらいしか思い付かない。


デールカーネギーの「人を動かす」をかなり読み込んだのだろうか、名前と顔を必死になって覚えようとしている熱心な幹部の方もいる。
末端社員とはいえ一人の人間だから、顔と名前を覚えてやれば喜び、また明日から頑張って働く。
とでも思っているのか分からないが、僕からすればちょっと古いマネジメント手法を取り入れている人が多いような気もする。

このラウンドテーブルだが、回数を重ねるごとに気付いた点がある。


それは、新入社員または入社歴が浅い社員ほど意見があり、勤続年数を重ねるごとにそれが減っていくというもの。

今では僕も殆んど意見することはない。
これまでの経緯から、言ったところで何も変わらないし時間の無駄だと分かったからだ。

とはいえ、幹部からすれば一従業員の一つの意見なんかよりも、会社全体としての方向性を定めつつ、セクションごとの最適化を図らなければならないのだから仕方のないことではある。

本当に会社を動かしたり何かを変えたいのならば、会社のお金の流れを掴むのは勿論のこと、それだけの権限が無ければ話にならない。

日本の会社はオーナー企業以外は権限が分散されていて、一つの事案を進めるに複数の担当者を巻き込む必要があり非常に面倒だ。

だから結果として何も言わなくなるのだが、入社歴が浅い社員や新入社員は、そのフレッシュさとエネルギーでもって、ガンガン意見を述べる。

そして経営幹部は微笑みを浮かべながらメモを取る仕草を見せる。
それを中堅社員や古参社員が冷めた目で見つめるわけだが。


この異様な光景を、これからもずっと見続けなければならないのかと思うと、心底暗い気持ちになる。


僕のような年齢を重ねた人間も、苦労して長い時間をかけてその座についた経営幹部も、この新入社員のような熱意やひたむきさがあったはず。
僕は経営幹部にはなれないが、このまま年齢を重ねると間違いなくこういった新入社員を斜めに見てしまうだろう。

同じ場所で、経営幹部と、中堅社員と、新入社員との間で行われるラウンドテーブルの温度差といったら表現のしようがない。

そこにいるのは全員サラリーマンだ、ビジネスマンではない。

かっぱ寿司の次の一手が注目

今年2月に社長交代となり50億円以上の赤字からスタートした、大野健一社長のもとでの新たな船出となった、かつての王者かっぱ寿司

 

食べ放題を導入し、予想以上の反響と口コミの広がりを見せている。

 

 

f:id:hungoveray:20170618231327p:plain

 

 

この、かっぱ寿司の一手として放たれた食べ放題について賛否両論あるものの、識者や専門家は批判的な立場を取ることが多いように見受けられる。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

headlines.yahoo.co.jp

 

headlines.yahoo.co.jp

 

 

だが、赤字の続くかっぱ寿司がここまで話題になったことがあっただろうか。

 

それに、食べ放題という安易な道を選択した、というのは少々短絡的な見方である点は否めない。

というのも、かっぱ寿司自体がこれはテスト企画であることを公表しているからだ。

 

 

7step-pc.com

 

 

ここまで話題になっただけでも成功だし、万が一うまくいかなかったとしても別の手を打つ布石になり、また新しい発想も生まれるだろう。

顧客が何を望んでいるのかも分かるかもしれない。

 

現社長の大野健一氏は、元々は料理長上がりの叩き上げで、商品開発に携わった経験もある実力派。

また、居酒屋業界が下火になった状況下において、昼の時間帯の主婦層顧客開拓の一環として今では目新しいものでもない、"昼宴会"の需要を発掘したアイデアの持ち主でもある。

 

大事なのは、この食べ放題の先にある次の一手が何なのか、それに尽きる。

 

いずれにしろ、繰り返すようだがここまで話題に上がるのは珍しい。

大野健一社長率いるかっぱ寿司の今後の戦略から目が離せない。

 

f:id:hungoveray:20170618232255p:plain

タカタは本当に法的整理を実行するのだろうか

法的整理の報道がなされ、タカタ側もようやくHP上で報道について発表。

 

www.takata.com

 

本日、当社に関して、法的手続の申立てに関する一部報道がございましたが、現時点 において当社として何ら決定した事実はございません。 現在、当社は外部専門家委員会を設置し、エアバッグリコール問題への対処を目指 すべく当社再建策の策定作業を依頼しており、同委員会よりスポンサー候補としてキ ー・セイフティー・システムズ社(以下「KSS社」)を推薦いただいております。当社 は、従業員・仕入先・顧客関係を含め、当社の事業全体を承継いただく方向で協議をお 願いしており、また、関係する自動車メーカーのいずれも、これを支持する意向を示し ていると理解しております。今後 KSS社、自動車メーカー各社、金融機関、外部専門家 委員会等の各関係者間において行われる再建策についての最終的な協議に基づき、外部 専門家委員会より当社に最終提案がなされる予定です。 当社としましても、当社製品の安定供給を継続し、当社の事業価値を全体として維 持・向上するため、私的整理に限定することなく、あらゆる選択肢が検討されていると 了解しており、当社としては速やかに外部専門家委員会の提案を踏まえて取締役会にお いて最終的に再建策を決定する予定です。 今後開示すべき事実が発生した場合には、速やかにお知らせいたします。

 

 

僕はタカタ株を780円ぐらいで800株買い、その後急落してしまったので480円くらいで売却して二十数万円の損失を被ったのだが、紙切れになった人もいるだろう。

 

法的整理が実行されるなら、最も紙切れになって損害を受けるのはタカタ創業者一族。

 

何らかの妥協案がしかれ、創業者一族の持ち株比率も相当薄まり、会社としても段々と別方向に進んでいくのだろう、といったシナリオを想定していたのだが。

 

月曜になれば分かることだが、今回の法的整理が実行されるならJAL以来のインパクトであり、前回と違うのは技術の流出と、創業者一族とともに会社が倒れるといった新しい構図が出来上がったこと。

 

いずれ明らかにされるのだろうが、タカタがなぜここまで経営を傾かせてしまったのか、その正体が一体何だったのかいまいちつかめない。

 

USJをV字回復させた森岡氏はその著書で、日本企業は技術ばかりを信仰し、マーケティング戦略をおろそかにしてきたため世界で戦えなくなっていると唱えた。

 

もし、今回のエアバッグ騒動において、タカタ幹部、または現社長がきちんとした戦略に基づく対応を取っていれば、あるいは違った結果になったのだろうか。

タカタ爆発

www.msn.com

 

headlines.yahoo.co.jp

 

www.nikkei.com

 

 

当然ながら株価も急降下で値段もついてない。

 

僕はだいぶ前に売却してしまったのだが、それでもタカタだけで20万円くらいの損失をだしている。

 

思えば、昨年末から今年1月頭くらいまでがこの株のおいしいところだったのだが、

紙くずになってしまうところをなんとか、お金のママで残すことができた。

 

 

www.eyasu2008.com

 

 

個人投資家への影響も計り知れない。

株式投資というものは本当に難しい、資産を築くにはこうしたことにもどうしてもぶちあたる。

 

プロの投資家は当たり前のように負けることを想定して、そこから投資スタイルを組み立てるという記事をいくつもよんだことがあるが、心から実感させることだ。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

いずれにしろ、個人的にはタカタの民事再生法は残念でならない。

経営者の手腕によっては結果はまた違ったものになったのかもしれない。

 

東芝はどうなるだろうか。

広告を非表示にする