サラリーマン生活で消耗すると思考が停止する

労働整備が整い長時間労働が減ってきたとはいえ、多くのサラリーマンが日に10時間程度働くのはざらだと思う。

 

僕もご多分に漏れず10時間拘束される形で勤務し、出勤時間等を含むと実に一日の半分くらいを仕事に取られてしまう。
帰ってくると自宅のことをやらなければならないので、それが終わるともう寝る支度、起きたら起きたで仕事の準備。

このサイクルをずっと続けていると、1日は本当に早いもので単に会社と家の往復だけになる。

 

このままではいけない、と、冷静になろうと努めて何らかの思考を試みるも、頭が回らない。

 

何を考えて良いのかも分からなくなるし、自分が本当に何をしたいのかも分からなくなる。


「自分の心の声を聞こえないふりをしていると、そのうち本当に何も聞こえなくなる」

 

リアルという漫画で、下半身に障害を持つ登場人物の父親がゾッとするような表情でこの言葉を述べるシーンがあるが、僕を含め現代の多くの人間は、自分の心の声を何らかの理由で押し殺して日々の人生を生きており、自身の心の声が、まさに蚊の飛ぶかすれた音程度に薄れつつある危険性がはらんでいる訳で。

 

週二日程度の休みで、自分と向き合い、自分を取り戻し、心の声を聞き受けとめる、ということはなかなか容易ではない。

 

疲労回復のために寝るだけだし、起きても平日出来なかったことをこなすだけで、家族を持っていると更に自分のための時間は無い。

 

自分が何者で、いまどこにいて、これからどこにむかおうとしているのか、さえ分からなくなる。

そうして疲れた足取りで書店にふらっと立ち寄り、インスタント的な自己啓発本にふらふらっとすいよせられるのがせいぜい関の山で、殆どが何も考えずに、むしろ自ら思考停止になるように仕向けているふしすらある。

 

自分が歩んでいる道や現状に疑問があるなら、まず、今の状況を脱する意味でも辞めてみる、という手段が良くあげられる。

 

後さき考えずに会社を辞める、という強制手段だ。

 

これは食えない等のリスクはあるが、だが、そのくらいしないと、自分と向き合う時間はなかなか取れないかもしれない。

 

僕にしてもこれまで、自身のキャリアを何とか形成するために、睡眠時間を削って専門学校に行き資格を取得したり、独学で資格勉強をしたり、時には実務を習得するためにダブルワークに励んだり、そういったことをやってきて今もやっているが、具体的に行動することはかなり有効な方法だとしても、あまりに様々な事を消耗し過ぎて何が何だか分からなくなってしまう。

 

どこに行きたいのか、分からなくなってしまうのだ。

 

www.eyasu2008.com

 

セミリタイア。

 

毎日のようにあらわれる、自身の前に広がる膨大な時間をどのようにして過ごすか、それはそれで大変だろうが、本来、人生というのは何かの準備や急いで進むものでは無くて、無駄な時間を好きなように使うのが、まさにそれこそが至上最高の贅沢なのだろう。

 

それは、消耗しているなかで自分の心の声を聞く、有効的な方法でもある。

 

www.eyasu2008.com

 

昨夜出勤前にふらっとバーに立ち寄ったが(酒を飲むためではなく食事のため)、

 

"人生、たまには回り道"

 

といった看板があり、古より伝わる日本人特有の言い回しとは言え、思わずその看板に見惚れ立ち止まってしまった。

 

人は皆、人生を踏み外したいのだ、だから、そうなるまいと無意識に思考を停止させようとする。

 

その時に葛藤するのは自分の心の声と、これまで自分に様々な形で介入してきた親しい人間、そうではない人間からの、善意/悪意どちらも含んだ、投げかけられた言葉であり、そうして形成されたある種の先入観だ。



f:id:hungoveray:20170727223951j:plain

チャーリーチャップリンはやはり偉かった

Life can be wonderful if you’re not afraid of it. All it takes is courage, imagination... and a little dough.

人生は恐れなければとても素晴らしいものだ。人生に必要なもの、それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。

 

 

これは、チャーリー・チャップリンが遺した数々の言葉において最も有名な言葉かもしれない。

 

夢と勇気とサムマネー、とか、愛と勇気とサムマネーだとか、日本語訳は様々な形で出回っているがいずれにしろ、彼が言いたいことは誰もが分かっていると思う。

 

この、サムマネーとした点にチャップリンの人生に対する考え方が表れているように思われる。

僕は金持ちになったことはないし、金持ち一家に生まれた訳ではないので分からないが、ある程度の情報を集めてみるといわゆる裕福な人間というのは必ずしも幸せではない、という見解があるらしいことが分かった。

 

あまりに多くのお金を持っていると、家族やその他の人間関係がおかしくなるのは否めず、それ程でもないお金に対しても、その保有している富に対してそのおこぼれに預かろうとする人間の多さ故に、広がると思われた選択肢も狭まり、以外にも不自由になるらしい。

 

 

「試してみないより試して失敗するほうがいい」ということわざがある。
だが、金持ちになることについて、このことばはまちがいだ。
大まちがいだ。

-中略-

たくさんの金を儲けるのは、船をあやつるのに似ている。
人として扱われなくなり、金塊をめいっぱい積んだ船となる。
まわりの人が欲しがるのは積み荷の金であり、そのためならどんなことでもする。
あなたは、そのうち、積み荷満載のガリオン船船長として、焼かれたり沈められたりしないように気を付けなければならなくなる。
-RICHより-

 

 

また、今から十数年前に耐震偽装問題で日本中を騒がせた、あの不動産デベロッパー会社ヒューザー元社長である小嶋進氏。
学歴こそ高卒だがその詳細を不動産ビジネスいかんなく発揮し、当時の資産は数十億ともされていたようだが、小嶋氏は、取材をうけ以下コメントを残している。

 


もう時効だからいっちゃうけど、銀座のクラブでカネを燃やしたことがあるよ(笑い)。
結局、お前たちが欲しいのはカネかと。
なんか悲しくなってしまってね、涙を流しながら、こんなにカネがあるからよくないんだと。
嫌いなものは女、酒、カネといって、札にウィスキーかけて燃やした。もっともあれ以降は、女性たちもいなくなってしまったけどね。

 

www.news-postseven.com

 

もちろん、全てのお金持ちがそうだとはいわない、個人的には、持たざる者の方が幸福度は低いと思う。

 

僕は、今日のパンを買うお金が無い、という悲惨な状況も目にしてきたし、どちらかというとその方が悲惨過ぎて、金を持っている方に天秤が傾かざるを得ない、この世において金が無い、というのは本当に残酷だからだ。

だから、チャーリー・チャップリンは偉かったのだ。

 

little dough

 

「サムマネー」と訳される、 "little dough." は、一かけらのパンであり、それは今でいういくらかのお金、という表現になるらしいが、沢山のお金を指している訳ではないことは間違いなく、お金はいらない、としているわけでもない。

 

チャーリー・チャップリンの言葉がいつまでも残り続けている理由がここにあるのだと思う。

 

例えば僕の二回り近く年上の知人。

彼は数年前にやっと昇進し収入もある程度増えたものの、仕事なんかかなりいい加減で遅刻も結構するらしく、とはいえ上からの評判は悪くないようだし、子供との関係も良好で、たくさんの友人に囲まれながら若いふりしてインスタグラムを熱心にやっている。


何が言いたいかというと全力で人生を愉しんでいる。

 

金がある人を羨んだりしない、むしろ上手に驕られたりして他人の金で遊ぶことに長けている。
自分の人生に満足しているのがはたから見ていても良く分かるのだ。

僕にとってこれは非常に考えさせられる光景だ。

 

こと金に関しては「あればあるほどいい」という思考が強いためまだ答えは出ないが、そこに振り回され過ぎると人生を見失うという点はあると思う。

あまり深く考えすぎない方が良い

何か物事を判断する時に、その選択肢によっては僕はかなり考え込んでしまう場合がある。

あれか、これか。

 

レストランで立ち寄った時に選ぶメニューやちょっとした小物にかけるお金を迷うのではなくて、例えばもう少しお金や人生が懸かるもの、海外旅行にいくかいかないか、だとか転職するか、辞めてフリーターになるか、とかそういったことだ。

 

ここで挙げたいのは、人生において自らが歩む道の選択肢を目の前にした時のこと。

 

年齢も年齢なのだろう、転職や独立といった人生に影響するであろう一つ一つの選択肢を目の前にしたときかなり考え込んでしまい、途方に暮れ、疲れ果ててしまう日が増えた。

 

決断して、その後はその選択を振り返らずに一目散に駆け抜ける方が、例え結果の良し悪しにかからわず精神的にはそこまで滅入ることは無いはずだ。

 

 

しかし、よく考えてみてほしい。
あれかこれかという場合に、なぜ迷うのか。
こうやったら食えないかもしれない、もう一方の道は誰でもが選ぶ、ちゃんと食えることが保証された安全な道だ。
それなら迷うことはないはずだ。
もし食うことだけを考えるなら。
そうじゃないから迷うんだ。
危険だ、という道は必ず、自分の行きたい道なのだ。
ほんとはそっちに進みたいんだ。
だから、そっちに進むべきだ。

 

 

岡本太郎氏の著書にある刺激的な言葉で、瀬戸内寂聴氏もこの考え方に大変ショックを受けたようだが。


この言葉を前に選択できずに考え込んでしまう人間が一定数はいるようで、僕もそうだが疲れ果ててしまうのだ。

 

orehero.hateblo.jp

 

↑を書いた方が今どうしているかは分からないが。

 

だが、何かを選択する時に詰め込んだ知識やら創造力が邪魔をすることが往々にしてあるような気がする。


下らない事をごちゃごちゃと考えすぎてあれこれ理由を付けて結局やらずにこれまでと同じ選択肢をとる、というものだ。

 

同じ選択からは同じ結果しか生まれないから、また同じことできっと悩むことが出てくるだろう。

 

今日もまた何を書いているのかわけがわからなくなってきたが、あまり考えすぎにもっと楽に選択するくらいがちょうどいいかもしれない。

どうせいつかは死ぬのだから。

 

www.eyasu2008.com

 

やりたいことができていないのなら、すぐに別の選択肢を取った方が良い。

金持ちになりたい、人向けのアドバイスはそこここに溢れている

例えばこちら

 

president.jp

 

プレジデントの記事で、書いたのは「ユダヤ人大富豪の教え」で金持ちになったであろう本田健氏で、実にうまい。

お客さんを捕まえるマーケティング戦略には目を見張るものがある、ガゼルの捕らえ方を知っているのだろう。


氏の記したもの以外でも似たような記事は他にも色々とあるが、

 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

考えてみれば実際に金持ちの人が書いた指南本は個人的には見かけたことがない。

 

あるとしても大抵は、ある自己啓発本を書いた人が「自分が金持ちになるために」書いたものばかりで、疲れている時やサラリーマン生活が長いと、その手の本は心に染み入るというか、気持ちいい夢をみさせてくれるのでついつい手に取ってしまう、僕についても幾ら使ったのか分からない。
多少の依存性もあるのだろう。

だが最近、本物の金持ちが書いた指南本というべきものを発見し、それを読了したのだが。

 

いわゆる、自己啓発本の中によく登場するフレーズ

 

「がんばらなくていい」

「努力なんかしなくても金持ちになれるんです」

「ありのーままのー自分」

 

といった、至宝の、心地良い言葉は登場しない。


ふつうの人が金持ちになろうとすれば、必要な資金にいたる細くて長い道をひとりで歩かねばならない


代わりに↑こういう言葉が登場する。


この本の富豪とされる著者は、

 

全てを捨てて決断をする覚悟がある者だけが金を手にする事も出来るのだ

 

とも言い切る。

  

巻末には富豪である著者が幸せなのかどうかという点について、「たまに幸せである」という見解が記されている。

 

いまは大金持ちである。
さて、私は幸せなのだろうか。
いいや、幸せじゃない。
少なくとも、たまにしか幸せではない。
たとえば、森の中をひとりで歩いているときとか、趣味である詩の文言を上手に組み立てられたときとか
あるいはまた、ワインを挟んで古い友人と静かに向き合っているときは幸せを感じる。
野良猫に餌をやるときも、かな。
でも、こういうことは金持ちでなくても出来る。

 

この上記の記述だけ読んでいると、ネット上で有名なメキシコの漁師の話と重なるところがあり、あの話は真理をついているのだろうかと思わざるを得ない。

 

hungoveray.hatenablog.com

 

いずれにしろ、僕の家の本棚に所狭しと並ぶ自己啓発本や巷で溢れるその手の本は殆どが著者が金持ちになるために書いたものばかりでゴミのような内容ばかりだということがやっとわかった。
(元気や気力が無い時などのモチベーション維持の役割くらいにはなる)

 

こうしてみると、頑張らなくても金は使えば入ってくるだの、良く分からないことにお金を遣えだの、お金のブロックチェーンが外れていないなど、様々な言葉で財布のひもを緩めようとする人たちは我々を決して金持ちにはしてくれず、自身がどんどん富み栄えるためにそのスタンスを取っているのであり、商売っ気たっぷりのその姿勢は、ある意味では優秀なセールスマンであり、ビジネスマンともいえる。

 

上記でも記した、心地良い言葉、

 

「がんばらなくていい」

「努力なんかしなくても金持ちになれるんです」

「ありのーままのー自分」

 

これらはみな、一種のセールストークであり、 "自己啓発" という見えない商品を売りつけるための殺し文句だ。

ある種のセールスマンの、「限定品で数も少なくなっております」といった類の言葉となんら変わりない。

 

僕は今はそんなに金は無いのでせいぜい、数百円から2000円程度の本を買うくらい(とはいえ気付くのが遅くて勿体ないことをした)だが、なけなしの貯金の大半をはたいて自己啓発に没頭する連中は少なくとも金持ちになるのは難しいかもしれない。

 

そのお金で事業を興した方がわずかながらでも金持ちになる可能性があるのだが、自己啓発本を書く輩に自身のお金を差し出し続けてしまう。

大川隆法氏の人間学と採算学とマーケティング戦略

僕は幸福の科学の信者でもなければ関係者でもないし、個人的に大川隆法氏を崇拝している訳ではない。

 

だが、大川隆法はもしかすると、天才的なマーケッターなんじゃないだろうかと感じることが多い。

 

happy-science.jp

 

大川隆法
幸福の科学グループ創始者 兼 総裁。

1956(昭和31)年7月7日、徳島県に生まれる。
東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。
81年、大悟し、人類救済の大いなる使命を持つ「エル・カンターレ」であることを自覚する。
86年、「幸福の科学」を設立。

 

 

このような略歴となっているが、そんなことよりも氏が動画で各界の著名人の守護霊を呼び出して話す、という試みが斬新すぎる。

 

例えばこれ。

金正恩の守護霊を呼び出して、関係者?がインタビューを大川隆法氏に向かって行うモノ。

 

 

f:id:hungoveray:20170723225811p:plain

 

 

 

関係者「…こんにちは、金正恩さんの守護霊のでいらっしゃいますか?」

 

大川隆法氏「う~ん。時は来たれりだな」

 

 

もうコントとしか思えない。

だが、その辺の駆け出しの芸人によるコントよりよっぽど面白いし、実際に、ユーチューブで動画検索すると、

 

大川隆法 おもしろい」

 

というキーワードが出てくる。

 

都心で国家公務員として働く僕の知人は、日ごろのストレスから頭の中をからっぽにしたいのか、休日の日は、大川隆法氏の守護霊の動画ばかり観ているという。

事実、何も考えずに観ることが出来るし単純に面白い。

加えて東大卒なため、その博学さを活かして話すものだからついつい観てしまう。

 

この大川隆法氏、やっていることや彼の信仰や宗教などは別にして、かなりのやり手と感じる。

僕がサラリーマン生活で疲弊し、疲れ果てて書店で手に取った本に、

 

 

「人間学と採算学を学びつくせ、夜を日に継いで働け」

 

と、なかなか刺激的な言葉を並べたてるビジネス書があり、しばらく立ち読みをしていたのだが、最後の最後に著者が大川隆法氏であることを知った。

 

良いか悪いかは別にして、人々の心に入り込む巧みさには類を見ない才がある。

今年あたまには女優の清水富美加の一連の騒動で日本中を騒がせた。

 

twitter.com

 

 

過去には田原総一朗氏と対談を取り交わしてもいる。

 

f:id:hungoveray:20170723231425p:plain

 

よどみなく話すことに長けている。

 

f:id:hungoveray:20170723231452p:plain

 

田原総一朗氏が鋭い質問を繰り返すも、巧みな話術で切り返す。

 

f:id:hungoveray:20170723232013p:plain

 

 

田原総一朗氏「守護霊というのは」

 

大川隆法氏「私の、頭から、あるいは口から、胸から、出てくるんです」

 

田原総一朗氏「ん。ちょっと良く分かりませんけれども」

 

 

この上記の対談番組には、若き日の島田紳助海江田万里民主党代表も出演していて、何だか異色のメンバーだが、当時としては当然出てきた若手の宗教家に、社会的にも注目が集まっていたことが良く分かる。

 

いずれにしろ、噴飯ものの動画も多かったりするわけだが、氏の才覚にも目を見張るものがある。

 

最後に、勧誘が目的でこの記事を書いている訳ではないことをもう一度記しておく。

 

ある一つの事象や行動は、見る人によって全く違う風景が映る

何か事件や日本を揺るがすような出来事だったり、ある種の信念の元に行われた誰かの決断は、他の人間からは全く別の事象として映る。


村上ファンド村上世彰氏においてもそうで、村上氏の著書で描かれる、日本を騒がせた一連のプロキシーファイトは、当人からすれば、コーポレートガバナンスの行き届いていない企業や、保有資産からすれば割安な株価となっている企業に狙いを定め、投資をし、株主価値を高める、企業価値の向上を図るのが目的。

biz-journal.jp


だがそれは、当時の騒動を見た別の識者によれば、ひと頃日本を賑わせた、ハゲタカファンドを彷彿とさせるような、拝金主義の権化のように映る。


実際に当時の騒ぎにおいて経済学者の森永卓郎氏は、仕手筋を引き合いに出し、村上氏に対して以下のような批判的な記事を書いている。


www.nikkeibp.co.jp


www.nikkeibp.co.jp


www.nikkeibp.co.jp



また村上氏はその著書で、東日本大震災の被害の最中、



下がり続ける株を前にあえて日本株を中心に投資を行うことを決断した



と語っていたが、当時は「震災で多くの人間が亡くなっているのに株で金儲けなんて」という声が上がったことも記憶にある。

ある一つの行動や出来事が、見る人によって全く違う風景が映るというこの不思議な感覚。

かつて僕が勤めていた会社の社長も、社員や他社からは非常にワンマンなイメージが浸透していたが、社長自身もそれを分かっていて、

「会社として最善の選択であると熟慮して決断したことも、他から見れば独断的にうつる」

と僕に漏らしていた。

こうなってくると、何が正しくて何が間違っているという議論そのものが成立せず、その線引きも非常に曖昧だ。


ただひとついえるのは、日本では金儲けが上手すぎる人間は、やっかみや批判の対象として吊るし上げられる傾向にあるということ。

当事者からすればよく分からない理由で気がつけば裁判にかけられていた、というところが本音なのかもしれない。


本当のところは、上手すぎる人間を妬んだり僻んだりするよりは、少しでも盗む方が有益なのは間違いないのだが。


村上氏の著書を読了したのだが、氏が今になって著書を記した理由は、僕の主観では自身の子供やその孫、ひいては子孫のためなのだろうと思う。

村上ファンドの昔のイメージが代々受け継がれていくのを憂慮し、払拭してしまいたかったかもしれない。

まあ僕のような人間には分からない他の理由もあるのだろうが、単純に読み物としては楽しめた。

それ以上でもそれ以下でもなくて、それで終わりなのだろう。

リンキンパークのチェスターベニントンが亡くなった

マシャロスといった、ファンが悲しむ類いの感情はこれまで僕には理解できなかったのだが、熱烈なリンキンパークのファンである僕としては衝撃的だった。

jp.sputniknews.com

www.afpbb.com


woman.infoseek.co.jp

リンキン・パークのフロントマン チェスター・ベニントン死去 米メディアが報じる | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス



現地アメリカでも、当然ショックを持って報道されている。


f:id:hungoveray:20170721101624p:plain


f:id:hungoveray:20170721101642p:plain



-親しい人間からすれば二面性があった、プライベートは自身の心の問題で悩んでいた

-多くの人間がショックを受けている

-リアンナは、「自分が活きた中で最も才能がある人だった」とはなしていた