読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人脈という言葉に虫唾が走る、見城徹氏

徹の部屋。 今日は北方謙三氏。 そして角川春樹氏。 見城徹氏は25歳の時にカドカワにアルバイトとして入社し、初出社の日すぐに角川氏に海外へ連れていかれることとなり、見城氏は着替えを当時の奥さんに着替えを持ってこさせた。 現れた見城氏の奥さんが、…

ニート座談会

夜中にニートの座談会が行われていた。 内容はベーシックインカムについてのもので、フィンランドでは既に実験的に導入されていて、一定数の無職者に対しお金を支給し、それが失業率の低下にどんな影響をもたらすのか、というのがその目的らしい。 少し驚い…

村本ザナイトという深夜の番組

途中から観て、僕が観た時間帯には格差社会についてトークを繰り広げていたが。 左から、村本氏、若新?堀潤氏。 印象的だったのは、元NHKの堀潤氏。 「NHKを辞めて後、お金がホントになくて、明日のお金をどう工面するか、そればかり考えていた。電車に乗っ…

色彩と時代と人間

夜中にカズレーサーと美輪明宏氏の対談のような番組があってそれをみていたら、 昨年の紅白の美輪明宏氏の、全身黒の衣装に何か意味があったのか、と話題になっていた。「歌に集中させたかったから、それ以外の要素を排除するため」と美輪氏は語り、色につい…

村上龍と坂本龍一と見城徹の対談

Abema TVの「徹の部屋」という番組。 ゲストを招いて見城徹氏の進行をもとにトークを行うものだが。 昨夜は、僕の好きな村上龍と、これまた好きな坂本龍一がゲストとして登場した。 何か一つのテーマを決めて話すというようなものではなく、台本も観たところ…