読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一生に一度は行きたいラスベガス

f:id:hungoveray:20170425182321p:plain

 

何も無かった砂漠に“バグジー”ことベンジャミン・シーゲルが、ネオン輝くオアシス“ラスベガス”を作った。

 

movies.yahoo.co.jp

 

近年ではマカオにすっかりお株を奪われ、世界一の座から転落したとはいえ、
それでもそのスケールの大きさと華やかさ、そしてあの非日常感は日本では味わえない。

僕は30歳になるまで海外旅行に行ったことが無くて、一度で良いからどこか外国に出たいと思っていたところ、ラスベガスへの旅行に知人から誘いを受けた。

知人は何度もラスベガスに足を運んでいるリピーターで、完璧なアテンドで僕を楽しませてくれた。

 

以下に僕が訪れた場所、楽しんだ記録を記したい。

 

 

 

カジノで一晩中ギャンブルに興じることが出来る

 

カジノは24時間開かれているので、何時であろうと、朝方だろうと深夜だろうと、好きな時間に好きなギャンブルに興じることができる。
僕と知人はブラックジャックが非常に好きで、殆どの時間をブラックジャックに費やしたが、大王製紙元社長の井川意高氏が数十億すっ飛ばして有名になった、バカラで遊ぶことだってできる。

 

www.huffingtonpost.jp


日本ではお馴染みのスロットもたくさんあり、好きな人は一日中スロットの前に座っている。

 

 

毎日開催される、ホテル毎に無料で行われるイベント

 

オーシャンズ11でも登場したホテル「ベラージオ」では、一日に数回、ホテル前で噴水が打ち上げられイベントが開催される。
ラスベガスは砂漠のど真ん中に出来ていて、他から水を大量に引っ張ってくることで成り立っている街なのだが、そのような場所で、水をふんだんに使用したイベントが、しかも無料で行われるところが何ともラスベガス。
このほかにも、ちょっとした海賊劇のような、お芝居のようなものをホテルの前で無料で公演しているのを愉しむことが出来る。

 

f:id:hungoveray:20170425182744p:plain

 

 

お買い物スポットも充実

 

アウトレットモール含めたアパレルショップも充実していて、日本ではなかなか買えないブランド品でも割と格安で販売されている。
僕がラスベガスに渡航したのは2012年で、地震後の強烈な円高のためにドル円が80円くらいの、考えられないくらいの円高だったから、コーチのサンダルを筆頭に、アルマーニの短パンや靴を衝動買いしてしまった。
女性はもちろんの事、男性だって普段着られないものを買える訳だからこれはうれしい。(今は当時よりも30円ほど円安だから状況は異なるが)

 

 

お土産屋ももちろん充実

 

例えばM&Mズというチョコレートがあって、チョコには「M」という文字が刻印されているのが商品の特長だが、そこに自身の好きな言葉を刻印してもらい、グラム単位で購入し、友人や恋人へのお土産としてプレゼント出来るのだ。
その他にもお土産スポットは充実しており、ここで書ききれないくらいだ。

 

 

マダムタッソー、シルクドゥソレイユ

 

蝋人形館、マダムタッソーはやはり単純に観ていて面白い。
それからシルクドゥソレイユ。
初めてその演技を目にした時はそのパフォーマンスに心を奪われた。
ラスベガスという非日常間に加え、彼等の人間離れした演技は観る者を圧倒する。

 

www.cirquedusoleil.com

 

www.madametussauds.com

 

 

グランドキャニオン国立公園

 

ラスベガスから飛行機で一時間ほどでグランドキャニオンを訪れることもできる。
あのスケールの大きな大自然をそのまま残すのも、何ともアメリカ的。
柵を設けないというのは有名な話だが、年に数名は柵から落ちて命をおとす人もいるようだ。
下の方には先住民が住んでいて、運が良ければ落ちても助かるケースもあるという。

 

grandcanyon.com

 

 

 

僕はこれらの場所を、5泊の旅で満喫した。
ギュウギュウのスケジュールで常に睡眠不足だったが、非常に楽しかったし、あれは一生ものの旅行だったと言える。

料金がホテルと渡航費その他の食事など含めて約30万円。
40万円程度あれば、もっと楽しく過ごすことが出来ただろうが、これは当時の円高レート時の計算だから、今はまたちょっと事情が異なっているはず。

 

とはいえ、低い年収でそれだけのお金を作り、1週間近くの休みを取るのは今の日本では容易ではない。
僕も自身で良くできたと思う。

 

それでも、行く価値のある場所といえる。

個人的には次はマカオを訪れて、ラスベガスとの違いを比較したいと思う。

 

 

 

 

www.lasvegas.com