読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も防衛株は値動きが激しい

前場ストップ高となった、細谷火工
後場になって売りが先行し、過熱気味の防衛株上昇に歯止めがかかったかと思いきや

 

f:id:hungoveray:20170411145324p:plain

 

またもストップ高


石川製作所前場は200円超上げたもの、昨日の終値くらいまで後場は下がり、そして14時過ぎ時点でご覧の通り。

 

f:id:hungoveray:20170411145423p:plain

 

緊迫化する北朝鮮情勢と、シリア問題、様々な思惑が入り乱れ、それが値動きにも表れている。

 

世の中はすっかり戦争モードで、北朝鮮からのミサイル攻撃の可能性に対して各界の識者がここぞとばかりに不安を煽る。

実際、大変な事なのだろうが、冷静に物事を捉えて、目の前のことをこなしていく必要がある。

僕のような一個人には何も変えられないのだから。

 

重大な予言をする。安心せよ。北朝鮮核兵器は日本には飛んで来ない。
副島隆彦(いち早くトランプ大統領の誕生を予想した人)-

 

1.副島隆彦のこれからの厳粛な予言である。北朝鮮に対する 米軍の 攻撃(空爆)は、起きる。それは来年の4月である。丁度1年後だ。そのときは、バンカーバスター・ミサイル(通常兵器では最高の破壊力を持つ。地下50メートルまでの分厚いコンクリートを貫通してそこで爆発する)を使う。おそらくこれを六発から八発打ち込む。あるいは連続的にこれを行う。これで北朝鮮の全域の核施設の全て破壊する。

2.その前に、北朝鮮金正恩、キムジョンウン体制)を挑発して、先にミサイルを撃たせる。必ず北朝鮮に先に撃たせる。米軍による爆撃はその直後だ。この米軍のミサイルは、通常兵器であって核兵器ではない。戦術核ではない。 北朝鮮に先に撃たせる、ということがアメリカの軍事作戦の絶対的な条件、要素である。

 真珠湾攻撃もそうだった。日本から先に手を出した形になった真珠湾攻撃は、日本の最高指導者層の中にまで深くアメリカの意思で動く者たちがいたからだ(重光葵米内光政山本五十六ら)。第一次大戦への米国の参戦の理由となったルシタニア号沈没事件(ドイツの潜水艦の攻撃とした)も、始めからアメリカ政府による、謀略であり捏造によるものだった。 米西戦争(1899年)の始まりも、米政府がキューバの客船を自分たちで爆発、沈没させて起こした。6日のシリア攻撃の前にも、捏造のサリン撒き事件を起こした。

3.来年の米軍による攻撃の前の北朝鮮からミサイルは、韓国に向けて撃たれる。日本には打ち込まれない。日本の領土(にある米軍基地。三沢、岩国、沖縄の嘉手納)に撃ち込まれることはばい。しかも核兵器ではない。

4.おそらく、このとき、少なくても3千人から1万人の死者が出るだろう。その攻撃目標は、仁川(インチョンン)の米海軍の基地か、ソウルの南方の 烏山(ウサン)の米軍の空軍基地だろう。繰り返すが、その時期は、来年の4月である。それは核兵器ではない。通常のミサイルだ。それまでの、これからの一年間は、あれこれと騒がしい、報道が続く。だから、世界はすっかり戦争体制に入ったかのように、騒然としてくる。しかし、この作為的に作られる次々の事件で、私たちは不安に陥(おとしい)れられるべきではない。

 

副島隆彦(そえじまたかひこ)の学問道場 - 重たい掲示板