読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

年収を上げるコツなんてあるのだろうか

年収を上げる方法として、自分なりに調べてみた結果以下のようなものがある。

 

 

1. 転職を繰り返す

2. 部署異動をする

3. 小さな会社に就職し長期間勤めて役員クラスになる

4. 副業

5. 独立する


その他は今のところ思いつかない。

 

 

1. の転職を繰り返す、という点について、実践して年収を上げた人間が僕の周りに一人だけいる。

 

和民 → IT派遣 → ITベンチャーサイバーエージェント

 

このようなキャリアを創り上げ、その知人の年収は今や600万円を越える。

一般的には日本では経験社数が多いと「ジョブホッパー」と見なされ、企業人事担当者等から敬遠されがちだが、知人が言うにはIT業界はスキルがあればかえって転職回数が有利になることもあるようだ。

 

違うケースとしても、大分古いブログだが、転職を繰り返して年収600万円を手に入れた方もいるようで。

 

転職面接:年収を上げるコツ、1 - livedoor Blog(ブログ)

 

典型的なジョブホッパーと見られると致命的なので、誰でも出来るわけではないかもしれない。

 


2. については、上記のブログにもあったが、例えば大手企業にすでに勤めている人間が今よりも好待遇を目指してもなかなかそれは難しい面があるので、年収が今よりアップする部署に異動するというもの。
営業の部署へ異動して、コミッション込みで収入を上げる等。

 


3. は、実際に年商40億円くらいの不動産会社面談を受けた時、対応した役員が創業時から在籍していて、その方の年収がだいたい1,000万円に届くか届かないか、くらいだった。(自身でほのめかしていた程度なので確実ではないが)

だが、会社を創業して20年くらい時間がかかっている。

 

 

4. は、今やだれもがやっているので説明は不要だろう。

 

 

5. については、リスクがあるし、何をどう起業して良いのか分からない。
とはいえ当たればこれが一番年収アップが見込める、何しろ可能性は無限大だからだ。(ゼロもあるが)

 

 

僕個人でいえば、まず3.をやったものの社長とケンカして首になり、今のところ1. が少しはうまくいっているがそれも頭打ち。
4. はヤフオクせどりを試みたがいまいちだったし、5. には今のところあてがない。

2.の部署異動が最も可能性が高いが、それもうまくいってない。

 


ダン・ケネディはその著書である「大金持ちをランチに誘え!」において、

 

"あなたの収入を倍にする方法は、あなたの能力を3倍にすることだ"

 

と説いた。

 

"能力を高めたところでたとえ会社が昇給をしなくても、あなたは自分自身を3倍の給与で雇えば良い"

 

確かこのような内容で、いかにもアメリカ的な言い回しが特徴的ではある。

的を得たアドバイスではあるものの、僕に関していえば、努力が足りなかったのか、勇気が足りないのか、昨日もブログに書いたように収入はアップしなかった。


もはやどうしたらいいのか分からない。