読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昇給も昇進も無かったので、適正年収を調べることに

まず前提として、評価は他人がするものという点は認める。
なので詳細は書かないが数字で結果は出したので、さすがに昇進も昇給もないとガックリきたのも事実。
上がらない収入を補うために、世の中は副業で溢れているのだろうが。


とにかくあまりにもがっくりきたので、グーグル検索で給与が上がらないと検索すると、こんな記事。

 

toyokeizai.net

 

余計に元気が無くなるので、読まない。

 

どんどん検索していくと、

 

"職務経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値を診断。あなたの適正年収は"

 

といったサイトに行き着く。

これまでは気が進まなかったが、今回は気が滅入っていたこともあり適正年収を調べてみることに。(企業の回し者と思われたくないのでサイト名は書かない、有名なのですぐに分かるだろうが)

 

ちなみに、実際にサイトに登録して適正年収を調べた人がかなり多くいて、関連ブログもたくさんあったので、それらを先に読んでみると

 

「このサイトで給与を査定したら、自分の適正年収500万以上だった、思ったより高い」

 

とか

 

ニートで未経験だが年収500万円で就職できた」

 

といった、比較的好印象な記事ばかり。


とにかくまずはサイトにユーザー登録。

 

f:id:hungoveray:20170331202200p:plain

 

 

登録すると同時に年収が算出され、その時点で僕に興味がある企業からオファーが届くというモノ。

 

どんどん入力していくと、何か年収のところの数字がくるくる回って上がったり下がったりする。
アルゴリズムの仕組みはわからないが、スロットの数字合わせに似ていて人間の心を高揚させるものがある。

 

結果算出された僕の適正年収は、、

 

f:id:hungoveray:20170331202733p:plain

 

適正年収が想定オファー年収に変わっているのが気になったが続ける。

 

 

だが、企業からのオファーは、

f:id:hungoveray:20170331202625p:plain

 

なし。

ゼロ。

 

僕は宅地建物取引士の資格や証券外務員やFPの資格等があるが、30代前半で経験会社数は5社という

恐らく企業からは敬遠される人材だから致し方ない。

 

そう思っていると、しばらくしてオファーが届いた。

その数13社。

 

素直に喜んでいると、トップに表れた企業は、、

 

f:id:hungoveray:20170331202955p:plain

 

何だ、それかよー。

これまで登録してきた求人サイトと同じ企業がトップに。

 

他の12社も知らない名前ばかりで、希望勤務地とはかなり異なる求人ばかり表示される。

 

年収は330万円~といったものが多かったが、そのどれもがミニマムからのスタートと思った方が恐らく良い。

 

「あなたの年収は思ったよりも高いかも!よりよい転職を!ニートの僕が~」

 

といったブログは眉唾物だろう、考えてみれば年収500万以上の人材は就業人口の中でも半数はいない中で

そう簡単にもらえる訳が無い、というのは自明の理。

 

このようなサイトに慰めを求めた僕が間違っている。

だが自分の適正年収とオファー企業を見て余計に元気が無くなってしまった。

 

それにしても、

 

www.mag2.com

 

こういう記事は何なのだろう。

 

とにかく面白くない事ばかりなので、タイ刑務所から帰国したばかりの竹澤氏に

日本での彼自身の適正年収を調べてもらうように書き込みをしよう。