読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩んでいる時の相談相手

ここ数日、今の仕事と将来的なキャリアの構築で選択を迫られて悩んでいる。

あれか、これか。

考えてみれば、20代の頃からキャリアの選択肢を前にして
その当時の場所とは異なる道を歩む決断ばかりを割としてきたが(大した決断ではないと思うが)
その時はもっと楽に、もっと素早く判断してきた。


それは現状への不満が明らかで、そこから歩みを変えることによって、良い結果が期待できたからだ。

「少なくとも、今よりは良くなる」

というような。


ところが今のようにある程度の安定さと収入を得て、それが世間一般的にもまあまあ悪くないものだと
キャリアへの足かせとなっていてもなかなか捨てられない。

年齢もあるのかもしれないが、未知の世界へ歩を進めることに関して極度なまでに臆病になる。


「決めてから方法を考える」

「考えるよりまず行動」


というが、今回はそれも裏目に出た。



これまでは人に相談せずに決めてきたが、今は積極的に他者の意見も聞くようにしている。
だがそれも、相談する相手が適切でないと、かえって相談しなかった方が良かった結果になる。

僕がまさにそうで、安易に、考え方もバックボーンも将来見据えているキャリアも何もかも違う人間にアドバイスを求めてしまい
返り討ちにあってしまった。

独立したいなら独立した人に、転職したいなら転職した人に、価値のある異動をしたいなら、価値のある異動をした人に。

そうじゃないと、無意味な情報ばかりを頭に詰め込んでしまい、余計に迷う結果となってしまう。