読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動き始めたタカタ株

車メーカー各社が法的整理の債権者申し立てを検討と報道されて株価急落

 

jp.reuters.com

 

かと思いきや、タカタ側にも "柔軟姿勢" が見られるとされて。

 

www.bloomberg.co.jp

 

みずほ証券の土屋剛俊アナリストは、株価は法的整理を連想して下落しているのではないかとした上で、債券市場ではタカタの姿勢の変化の背景に「私的整理に向けた条件の緩和があるととらえられており、債券価格は倒産を意識した値付けとなっていない」と話した。

 

それを受けて、下がった株がまた上昇。

 

そして今日また新たなニュースが。

 

www.bloomberg.co.jp

 

記事をそのまま読んでいると、

 

強靭な姿勢を取り続けるタカタ

自動車メーカー各社債権者申し立てで重圧をかける(そうする気が無くても)

慌てたタカタ創業一族、一転して対話に応じる、要求に多少は応じる姿勢

 

と見て取れるが、素直に受け取って良いのか分からない。

 

今日のニュースでも上述のように「私的整理の再建案提示」と、株価上昇要因としてのニュースが流れるも、

上昇の仕方にも迷いがあるような動きがうかがえる。

 

僕は700円ちょっとで800株買い、あまりの乱高下にビビッて夜のPTSで売っパラった。

 

シャープの時もそうだが、支援がきっちりと決定してからその株を買っても、十分儲けは出ると思う。

 

とはいえシャープとはまた事情が異なり、タカタはその利害関係者があまりに多いことや、

自動車メーカーの意向と中国資本とタカタ創業者一族の思惑が絡みつき、買うにしてもタイミングがはかりづらい。

 

更にはタカタと取引を希望する各会社への影響もあり、なかなか支援が進展しなかった。

 

www.tsr-net.co.jp

 

買うかどうか迷う。