読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フリーターやニートが職に就くときにカジノはチャンスになるかもしれない

急速に現実味を帯びてきた、日本でのカジノ。

 

president.jp

 

実際にカジノが出来るのはまだ先の話になるが、既に「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」影響から各方面で動きがみられる。

中でも僕のような労働者目線から注目したいのが、やはり雇用。

世界各国のカジノは以前よりも収益性が下がったとはいえ、やはり魅力的な収入を得られる仕事であることには変わりなく、ラスベガスやマカオでは、公務員よりも給与が高いようだ。

 

まだ日本ではカジノは始まっていないが、その知識や経験がゼロでも学べる場が日本にもある。

 

casino-academy.jp

 

■インストラクターコース■

【科目】
バカラ
ブラックジャック
・ルーレット
・ ポーカー
・インストラクター向け特別講座

【期間】
3か月間  各2.5時間×10回

【価格】
価格¥550,000 (税別)


アミューズメントコース■

【科目】
バカラ
ブラックジャック
・ポーカー

【期間】
2か月間  各2.5時間×8回

【価格】
¥350,000 (税別)


■個別科目コース■

【科目】
バカラ              ¥150,000 (税別)
ブラックジャック         ¥150,000 (税別)
・ルーレット            ¥200,000 (税別)
・ポーカー             ¥200,000 (税別)

【期間】
各2.5時間×10回

 

分かりやすいコースで料金も明瞭会計だが、これを高いとするか、安いとするか。
とはいえ、何の資格も知識も経験も持たない人間が、ある程度の年収を得る場としては、なかなかの機会だとは思われる。

 

大体1つのカジノで3000人程度の人材が必要らしく、その詳細は定かではないが、日本で出来るカジノが幾つかによってチャンスも広がる。

 

カジノ候補地としては、北海道、宮城、東京、神奈川、大阪、和歌山、愛知、徳島、長崎、沖縄、といったところ。

 

年始に放送された、たけしのTVタックルでは、領土問題でゆれる、北方領土でのカジノ建設構想が話題を呼んだ。

www.tv-asahi.co.jp

 

いずれにしても、これから年内にかけて関連法案が通され、実際の場所の選定と進出企業が明らかになるので、確定していない時点でお金を出して、何らかの投資をするにはリスクはともなう。

だが、ここ数年では面白い話題といえる。

カジノ構想が実際に確定的になった時には、その関連株なども動いてくるはずだ。


わずかなタネ銭ならフリーターやニートでも用意できるから、そのお金でカジノ株に投資し、そこで得た資金を元手に学校に通う。

 

晴れてカジノで仕事を得、多額の収入に繋げる、といったケースも、あながち夢物語ではないのかもしれない。