読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさお氏がしんでしまった

政治・経済

会社の上司が最近しきりに、「まさおくんがしんじゃった~」と嘆くものだから
調べてみたら、金正男の事だった。

 

f:id:hungoveray:20170217204540p:plain

 

金正恩の異母兄弟で、かつては後継者として目されてもいた男。

日本では密入国で話題になったが。


ほぼ毎日彼の事件の真相を探る、といった報道がされていて、注目度が高い。

 

f:id:hungoveray:20170217204621p:plain

 

それにしても、熾烈な後継者争いを展開しているとはいえ、今の時代、血のつながった兄弟まであやめてしまうとは、凄まじい世界だ。

 

北朝鮮は世界史上稀に見る、三世代にわたる独裁国家で、今の金正恩が就任してからは

たくさんの人間が粛清の憂き目にあった。

優秀な人材は金正恩との距離が縮まるが、それは同時に粛清にもその分だけ近づくことを意味し、幹部は戦々恐々とし、優秀な人材は脱北を試みるといったケースも続いているようだ。

 

あるコメンテーターは、「粛清により独裁体制としては安定してきているが、国家は不安定になっている」と話した。

 

もしかすると、崩壊の日は近いのかもしれない。

 

例えば、親子代々続いてきた家業も、日本の古来からの言い習わしで、1代目が創業し、2代目が引き継ぎ、3代目でつぶす、というものがある。

国家もそれに当てはまるのかは分からないが、いずれにしても金正恩の手腕?が試される。


北朝鮮が崩壊するとどれだけの経済効果が生まれるか、すでに試算している者がいて、例えば、かの有名な投資家ジム・ロジャースも北朝鮮経済の有望さを独自の理論で展開した。

 

まあ、投資家は我田引水なところがあるだけにもちろん信用ならないが。

 

www.mag2.com

 

 

北朝鮮から目がはなせない。