読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

紀州のドンファンと呼ばれた男

f:id:hungoveray:20170116173815j:plain

 

 

75歳。

いまだ性欲衰えずということで、1日に3回の性行為を精力的にこなす。

 

興味があってその著書を読んでみたが、

 

「ハッピー・オーラ、ハッピー・エレガント、ハッピー・ナイスボディ。
あなたとデートしたい、エッチしたい」

 

独特の口説き文句が披露されるものの、セックスの内容に関する描写は皆無で

殆どの内容は自身のたどった道を記したもの。

 

彼は学歴こそないが、コンドーム訪問販売というちょっとしたチャンスから身を起こし、金貸しで莫大な利益を得た、というのが大体の流れだと思う。

今の時代は分からないが、やはり古来から儲かるとされる金貸しの凄さを感じさせる。

忌み嫌われる職業だが、他に選択肢が無かったのだろうから、それを生かしたとしか言いようがない。


"資本家は嘘をつく"

"不言実行というフレーズを信用してはいけない"

"沈黙は金という言葉はとんでもない"

"実績をうまくアピールしてかなければ、出世など絶対できない"


独自の視点でその持論を展開したが。


資本家という表現と、"共産"について触れるところがあったので、今の時代にはちょっと珍しいなと感じ、ナニワ金融道の著者の青木雄二氏を思い出した。

 

 

f:id:hungoveray:20170116174123j:plain

 

 

マルクス唯物論に傾倒し、作品の中でも随所にその表現が見受けられたものの、自身は資本主義社会で成功して大金を得たという同氏には、あの、独特の作風を描くネタ元がいたと言われていた。

 

もしかすると、そのネタ元は、この紀州ドンファンと呼ばれた男ではないだろうか。

 

ドンファンの本に出てくる金貸しに関する法律用語と、青木雄二の作品に出てくる用語はそのくらい類似していた。

 

紀州ドンファンは、飛行機や長距離電車などで読むのにちょうど良い内容だ。