読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女性の性器と体臭の香りについて

その他

少ない女性経験の中で、これまで肉体関係に及んだ女性において
その性器から特別な香りがした、ということは誰にでもあると思う。

僕はその経験が少ない。

記憶では、3人くらい。

そもそも、女性の性器はそのような香りがすることの方が多いという認識はこれまでなかった。

一番初めに、特殊な香りを嗅いだ時は、何が自分の身に起こっているのか分からなかった。
僕は肉体関係に及ぶ時には自分本位ではなく、なるべく献身的な姿勢で行為に入る質だから、
クンニは割かし当たり前で、その前にまずは「こんにちは」という挨拶の意味で指を差し入れる。

その時もやはり、暫く彼女の反応を見ながら自分の手を動かし、性的雰囲気を高めていくとともに
彼女のホットスポットを探るようにこねくり回していたが、休憩するためにその手を僕の鼻に持っていったその瞬間。

 

ツンという香りが鼻をつく。

 

男の性器も洗わないと異臭を放つが、それと似て非になる、ち○かすとワキガが混ざったような思わず顔をしかめる香り。

友人はそれを、

 

「うまい飯を食っている時に、猫のクソのにおいが家の窓から入ってきた感じだよ」

 

と表現し、ネットでも調べたが、チーズのにおいとか、とにかく様々だが、これはトベラという風に言われているようだ。

 

f:id:hungoveray:20161120113339p:plain

(写真はイメージ、記事とは無関係)

 

とにかく初めて女性器のそういう香りを嗅いだものだからどうしていいのか分からず、

ただそれだとクンニが出来ないので、その女の子と2度目に性行為する時は、一緒に風呂に入って、愛撫するふりして彼女のそこを洗ってあげた。

 

考えてみれば洗えるような場所ではないし、ナイーブな場所だから多少安易ではあったけど、その後行為に及んだ訳だがそれでもやはり香りは消えなかった。

 

彼女に自分で気付いてどうにかして欲しい、という思いから、指を差し入れて濡れた僕のその手を、そっと
彼女の鼻に持って行ったが、この方法も駄目だった、オルガズムが近いからそうだったのか、とにかく彼女は自身の香りに顔をしかめることはなかった。

 

それから暫くして、僕の別の知人が、「わき臭とナイーブな場所の香りはイコールの関係にある、だから、その判断を下すならわき臭の子かどうかをまずは調べることだ」という説を唱えだした。

だから出会う女性の体臭を可能な限り確認して、それから行為に及ぶ、という風に試みていたものの

そうはいっても今の時代、わき臭をそのままにしておく女性は皆無で、殆どの方が何かしらの制汗剤と香水で香りが隠れてしまう。

 

とはいえ件の彼女とは別れ、別の女性と肉体関係を結び、その時は無臭だったから上記のようなことは忘れてしまったんだけど
前月ミャンマーに行った時に、また当時のことを思い出した。

 

ミャンマーはインド人とのハーフが多く、軽度のわき臭が女性には多い様だ。
近くで女性の香りをかぐ機会は無かったが、現地の風俗を楽しむ日本人にその話を聞いたのだ。

「それがまたたまらない」と、変態的な発言をその日本人の方はしていて、性的趣向は人によって異なるから、あまり気にすることでもないんだろうなと今は思う。

 

はー。