読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年の宅建試験合格点予想

人によっては人生が変わる、毎年数多くの方が受験されるこの試験ですが、

僕は「宅建物取引主任者」の名称が最後になる年の2014年度に受験しました。

 

その時の合格点は、

32

でして、自己採点はギリギリの33点でしたから、運に恵まれたといいますか。

 

友人が過去に受験し、その時は合格点が36点、友人は34点。

年によって合格点が異なり、それが人々の人生の選択をも左右します。

ちなみに、その友人は不動産会社で勤めていましたが退職しました。

 

さて、今年は別の友人が宅地建物取引士の試験を受け、自己採点は34点。

34点というのはここ近年では悪くない数字ですが、

 

予想掲示板サイトでは、

 

takken-sokuhou.com

 

35点予想がほんの少し多い状況。

実際の合格発表日にならないとわかりませんが、友人に奇跡がおきればあるいは...。