読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボージョーアウンサンマーケットと国民民主連盟(NLD)本部に行ってみた

ボージョーアウンサンマーケットはホテルから10分くらいの距離でタクシー400円くらい。

f:id:hungoveray:20161110194229j:plain

 

ごみごみした感じで人と車が異常に多い。

とはいえ様々な店があるので見ていて楽しいではあります。

f:id:hungoveray:20161110194325j:plain

 

ガイドブック等にもありましたが、日本人観光客にしつこくつきまとい

「自分が交渉してあなたが安くお土産を買えるように手伝うから」と言いより

金銭的なトラブルにつながるケースが多いとのこと。

 

早速、「こんにちはー、日本ですか、何を探していますか」と話しかけらる。

適当にあしらうも、やはり何度か遭遇した。

 

日本人は海外の人間に対して基本的に無視できないというか、応じてしまうもんだから

こういったトラブルにも巻き込まれやすいのかなと思った。

 

とりあえず一人でぐるぐるとまわる。

 

f:id:hungoveray:20161110194748j:plain

 

宝石や装飾類が多く、女性にはもってこいだと思います。

僕はある程度まわったら疲れて飽きてしまいました。

 

f:id:hungoveray:20161110194845j:plain

 

雑貨店のようなところもあるので、水を買って小休止。

 

少し休んでミャンマーの現在の政党、国民民主連盟(NLD)本部へ向かうことに。

タクシーの運転手にマップを見せて料金交渉するも、場所がいまいちわからないような顔をする。

 

そんなに有名ではないのか。

何とか場所を特定したようで車に乗り込み走ること約10分。

ホテルの前に駐車、「ここか?」と聞く。

 

ホテルの中に政党本部があることは考えにくいけど、東南アジアは何が起こるかわからないから、

そういったケースもあるかもしれないと降りることに。

 

ホテルの前にいるガードマンに止められ「宿泊客か?」と聞かれる、ノーと答えて

地図を見せて、NLDに行きたくてここへ来たのだと説明。

 

「はっはっはー、ここじゃないよ」と笑い出し、後ろにいる仲間とともに笑う。

何がそこまでおかしいのかわからないが、それならと場所を教えてくれと質問。

 

「目の前の道をまっすぐいって左だ」と、非常にざっくりした説明。

その方向を見ても何も見当たらない。

 

なんだよー笑う割にはあんたもちゃんと説明できないのか。

東南アジア特有の説明に腹を立てても仕方ないので、説明通りに歩く。

 

ところが歩いてもあるいても左に曲がる道がない。

 

バス停に女性が立っていたので、もう一度道順を尋ねることに。
この国で始めて女性に話しかけたので少しドキドキした。

先ほどのガードマンと同じように説明してくれたが、この女性は親切で
「ここからある国は遠いので、タクシーを拾って行くと良い。
100円から150円くらいで行けますよ」と教えてくれた。

チェーズーティンパデェ(ありがとう)と現地語でお礼を言いタクシーを拾ってまた向かう。

 

走ること10分でやっと到着。

 

f:id:hungoveray:20161110200016j:plain

 

普通の建物で、一階が総合受付のようになっているが、

見学は1階フロアしかできませんと言われる。

何か面白いことに出会えると期待していただけに少しがっかり。

まあ政党本部にそんなものないか。

 

f:id:hungoveray:20161110200213j:plain

 

こんな感じで、ゆるい雰囲気。

関係者というよりは、地元の人間がふらっと立ち寄ったというイメージ。

特に何を話すことなく僕もボーっと座ってしばし休憩。

 

f:id:hungoveray:20161110200434j:plain

 

はー、アウンサン・スーチー女史。