読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュエダゴン・パゴダ

ミャンマーといえば、シュエダゴン・パゴダ

ということで2日目に行くことに。

ホテルからタクシーですぐ。

2000チャットプラスタクシーが敷地内へ侵入する入場料のようなものを払う

 

f:id:hungoveray:20161105133530j:plain

 

すごい。

この敷地すべてを回るだけでも時間はかかる。

シュエダゴン・パゴダ内ははだし。

雨季の終わりかけで、雨が降ったりやんだりしていたため、地面は濡れている。

 

f:id:hungoveray:20161105133707j:plain

 

人々は確かに熱心。

 

日本語でガイドをしようか的に話しかけてくる現地人がいますが、必要ないと言えば素直にはなれていきます。

 

歩き疲れて座っていると、好青年が話しかけてくる。

「どこからきましたか?」英語で笑顔で話しかけてくる彼は日本人にも似ている。

日本からであるとこたえると、嬉しそうに日本のことを聞いてくる。

「自分がしている腕時計は日本製のもので、どこそこで買ったんだ、自分は24歳だ」等と話してくれる。

 

無線を持っていたので、それはなんなのか尋ねると、自分は警察官だと話してくれた。

 

驚き!

上着はワイシャツだが、下はロンジー、警察には見えないが確かに胸元にバッジのようなものが。

 

パゴダを警備しているようで、無線で時節話したりする。

 

スマートフォンをいじりながら業務にあたるのは東南アジアならでは。

 

女性の画像が待ち受けに見えたので、「彼女はいるのか」と尋ねると、恥ずかしそうにyesとこたえる。

 

いやー

 

純朴そうな青年、日本にはあまり見かけなくなったなあ。

 

雨が止むと陽が差して暑くなるので、だるくて動けない。

歩き回るのは断念し、青年とともにしばらくその場に鎮座。

 

f:id:hungoveray:20161105135030j:plain

 

女性たちの多くがタナカを顔に塗ってます。

2時間くらいいましたが、退屈しません。

 

ちなみに敷地内にはこのようなところもあります。

 

f:id:hungoveray:20161105135441j:plain

 

ぶれて見にくいですが、横は露店のようなもの。

 

f:id:hungoveray:20161105135535j:plain

 

気持ちが非常に落ち着く場所です。

疲れてしまい、シュエダゴン・パゴダ内すべてを見て回ることはできなかったですが、満足です。