読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミャンマー2.

海外・渡航

約6時間のフライトを経てヤンゴン国際空港に到着。

 

f:id:hungoveray:20161101180307j:plain

 

「近代的な造りのヤンゴン国際空港」という内容を旅行ガイドで読みましたが、その通り。

現地時間16時少し前に到着。

日本との時差は2時間半。(日本の時刻から2時間半引くとミャンマー時間)

2時間半?という時差が存在することも初めて知りましたが、そんなに人々は行き交っておらず。

 

海外の空港特有の入国審査の長さも特になく、まあ人が大していなかったからかも知れませんが、

ものの数分で解放されました。

 

どうしていいかおろおろしていましたが、事前にネットで情報収集したものとして

 

・日本円からミャンマーチャットへまず両替

・現地のSIM購入

 

空港内にどちらもあるので、まず両替から。

 

 f:id:hungoveray:20161102151139j:plain

 

 4つくらいあり、その殆どがUSDとシンガポールドルなどの対応。

日本円はこのCB BANKの左隣のよくわからないあんちゃんのいるところだけ。

到着日の10/21/16時点での円・チャットレートは 1円=12 くらいでしたが

1円=8くらいで計算される。

さすがに驚いて「え!?おかしくないか」といったジェスチャーをすると

それなら別にやらなくていいですよみたいな顔した窓口女性。

納得がいかないながらも2万円くらいをチャットへ両替、160,000.-チャット程度。

ヤンゴン市内にある両替所はぼってるところも多いと、根拠のないネット情報をうのみにしていたので

空港内ならそれなはいだろうと今回両替しましたが、あとになって、空港の方がぼっていると判明。

 

両替後に、隣の隣の隣くらいにあるSIMを販売している窓口で購入。

こちらは2Gで8000チャットで購入、こちらは満足。

 

後で現地日本人に会ったときに両替の件を話すと「馬鹿じゃないの、こういう日本人がいるから...」とどやされる。

知らねーよ、おまえだって始めっから何もかもうまくいったんじゃねえだろ

まあ、有益な情報も教えてくれたからいいですが

 

 

 

 

広告を非表示にする