読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画

脱獄はなにもプリズンブレイクだけではない

大ヒットした連続ドラマ、プリズンブレイク。現在また新シーズンがスタートし、人気を博しているようだが。 プリズンブレイクは無実の罪に捕らわれた兄を助けるべく、弟が刑務所の設計図を全身に刺青をし、弟自身も刑務所に入所して脱獄を図る、大雑把に言う…

ゲバラは世界で一番カッコよかった

モーターサイクルダイアリーズ 若き日のチェ・ゲバラを描いた映画。本名はエルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ。「チェ」というのは、アルゼンチンの言葉で、親しみを込めて「ねえ」と相手に呼びかける言葉で、実際は彼の本名ではない。 革命家…

刑務所が舞台の映画・ドラマのお気に入り

ネタバレはせず、簡単にストーリーだけ書いて以下に記してみる。 ショーシャンクの空に 「私のベスト映画TOP10」的なモノには大概挙げられるくらいの名作。高校生の時に初めて観て以来、数え切れないくらい鑑賞しているが、本当に良くできた映画だと思う。元…

ダラスバイヤーズクラブにみる、人類とHIVとの闘い

舞台は1985年のアメリカ、ダラス。 世界的にHIV感染者が増加し始め、エイズを発症し死に至る者も多かった時代。 今のように1日一粒の薬を飲むだけで、HIVの症状の進行を遅らせ、エイズを発症させることなく生涯を送ることが出来るようになる、そのずっと前の…

大人になってスタンド・バイ・ミーを観ると何とも言えない心情になる

リバー・フェニックス。 彼こそがこの映画では英雄だ。 あの、少年時代の虚ろで、もろくて、はかない、心の機微みたいなものを、これ以上ないというくらい素晴らしい演技で披露した。 元々は路上でパフォーマンスを披露する程の貧しさだったというから、そこ…

小津安二郎の良さとは何なのか

何年か前に、小津安二郎氏の映画である「東京物語」が、イギリスで世界一の映画と認められたと報じられたが。 何を基準に世界一なのかは不明であるものの、小津映画に対する評価が高いのは分かる。 だが、具体的に、何が、良いのか。 1950年代に描かれた映画…

マトリックスのモーフィアスが「道」について民衆に語り掛けたシーンがあったので、道の格言みたいなものを探してみた

伝説のモーフィアス。 何も恐れず、私がここに立っているのは、覚えているからだ。私の先にある道が私をここへ導いたのではなく私の歩んだ道が私を導いたと。-マトリックス/モーフィアス- おー。モーフィアス。 物凄いインパクト。 マトリックスは、その…

ノイローゼになったら、ミートザペアレンツを観よう

10月に入って転職活動の行き詰まりや、今の会社でのことやプライベートのことで大きなストレスがのしかかりノイローゼになった。 とはいっても、ノイローゼの正確な定義は分からないので、実際には”気味”という程度かもしれないがとにかく精神的にこれまでに…